カナガンデンタルとカナガンドッグフード全比較!何が違う?どんな犬におすすめ?|特徴や原材料・成分などを比べてみました

こんにちは。ドッグヘルスアドバイザーのだいずです。

今回は人気のグレインフリードッグフード「カナガンドッグフード」と「カナガンデンタルドッグフード」を比較して違いについて調べてみました。
特にカナガンデンタルは日本で初めて【歯石に関する特許取得成分配合】のドッグフードで気になっている方も多いのではないでしょうか?

「カナガンデンタル気になっているけど・・・普通のカナガンと何が違うの?」
「原材料や成分、値段はどれくらい違うの?」
「うちの子にはどっちがおすすめなの?」

という飼い主様に向けて今回は、カナガンデンタルとカナガンを徹底的に比べてみました。
どんな犬におすすめなのか、という点まで解説しますので参考にしてくださいね。
カナガンデンタルドッグフード公式サイト

カナガンドッグフード公式サイト

カナガンとカナガンデンタル全比較

特徴

カナガン


◆安心安全な原材料&穀物不使用(グレインフリー)
◆新鮮なチキン生肉たっぷりで食いつきに定評があり人気
◆コスパが高い(お手頃価格)

カナガンデンタル


◆安心安全な原材料&穀物不使用(グレインフリー)
◆日本で初の歯石に関する特許取得成分配合のドッグフード
◆カナガン同様食いつきに定評あり

原材料

原材料を比べてみました。基本的にはほぼ同じベースです。赤字が違いがある部分です。
カナガン カナガンデンタル
①骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、アルファルファ、チキンオイル3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(A 16,250IU/kg、D3 2,400IU/kg、E 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ ①骨抜き七面鳥生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、チキンオイル3.1%、ア乾燥卵3.1%、エンドウ豆タンパク、ルファルファ、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、D、E)、②プロデン・プラークオフ2500㎎/kg、グルコサミン1000㎎/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000㎎/kg、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700㎎/kg、セイヨウハッカ、③パセリ、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、カモミール、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

原材料で違うポイント

共通している点はどちらも生肉がメインのフードであるという点。
また穀物不使用(グレインフリー)ということで小麦やとうもろこしなども一切不使用。
穀物でカサ増しすることなく、正真正銘の「お肉たっぷり」のドッグフードといえます。

では違いはなんでしょうか?

まず①のメインのお肉が違いますね。

◆カナガン:骨抜きチキン生肉26%
◆カナガンデンタル:骨抜き七面鳥生肉26%

チキンかターキーかは好みの問題ではありますが、どちらもお肉の割合は一緒で高タンパクです。そしてどちらも平飼いされた安心できる原材料です。

そして②のカナガンデンタルだけにある歯石に関する特許取得成分「プロデン・プラークオフ」です。

◆カナガンデンタル:プロデン・プラークオフ2500㎎/kg

この原材料はカナガンデンタルの一番大きな特徴です。

日本で初の歯石に関する特許取得成分配合のドッグフードという点です。
※特許:日本第4648611号

天然の海藻(アスコフィラムノドサム)を主成分としたプロデン・プラークオフ®が1kgあたり2500mg含まれています。

毎日食べることで口臭や歯垢、歯石付着が減少する効果が認められており、この効果は世界40カ国で特許を取得しています。

つまり、天然の海藻成分から作られた特別なケア成分が、日本で初めてドッグフードに配合されたということです。

「カナガンデンタル」という名前の通り、プラークオフの特許成分が、カナガンデンタルには配合されているというのが特徴となります。

歯石や口臭など愛犬のお口の悩みをもたれている方は多いですね。カナガンデンタルは、そんな飼い主様におすすめの安心安全ドッグフードです。

あと3つ目の違いとして③のパセリがカナガンデンタルには含まれています。

それでは他の違いについてもみていきましょう。

栄養成分

カナガン カナガンデンタル
粗タンパク質 : 33.00%
脂質 : 17.00%
粗灰分 : 9.00%
粗繊維 : 3.50%
水分 : 8.50%
オメガ6脂肪酸 : 2.80%
オメガ3脂肪酸 : 0.90%
リン : 1.42%
マグネシウム : 0.10%
ナトリウム : 0.60%
カルシウム : 1.86%
カリウム : 0.60%
粗タンパク質33.00%
脂質17.00%
粗繊維4.00%
粗灰分9.50%
水分8.00%
オメガ6脂肪酸3.00%
オメガ3脂肪酸0.90%
カルシウム1.70%
リン1.30%
カロリー:約361.25kcal/100g カロリー:約375kcal/100g

栄養成分を比較してみました。

どちらも高タンパクで良質なタンパク源

共通しているのは、どちらも高タンパクであるという点。
良質な生肉がたっぷり含まれているため、「高タンパク」な栄養成分といえます。

犬にとって一番大切な栄養素が、体の基本となるタンパク質です。

筋肉や血液、毛など全ての細胞はタンパク質からできています。
またタンパク質の「質」も大事です。

カナガン、カナガンデンタル とも平飼いされてチキンとターキーの生肉を使用しており良質な動物性タンパク質源といえます。

小麦やとうもろこしの植物性タンパク質と比べると、必須アミノ酸のバランスが動物性タンパク質の方が良く、より犬にとって役に立つタンパク質源となります。

大きな違いはないもののカロリーが若干違う

栄養成分を比較すると、カナガンとカナガンデンタルに大きな違いはありません。
ただ、カロリーを比べてみると若干カナガンデンタルが高いです。

とはいえ脂質も同じなので大きな違いとはいえません。

販売場所・価格の違い

カナガン カナガンデンタル
販売場所

公式通販サイト/公式アマゾン

公式通販サイト/公式アマゾン
1袋あたりの価格
(税抜き)
3,960円/2kg
1kgあたり1,980円
4,960円/2.0kg
1kgあたり2,480円
定期購入 あり(最大20%オフ) あり(最大20%オフ)
キャンペーン なし 初回半額キャンペーン>>

カナガンはお手頃価格

カナガンは他のプレミアムフードの中でもお手頃価格といえます。
それは通販に限定して完全受注生産にしているからこそですね。

また定期コースにすると、カナガン・カナガンチキンどちらも割引が適用されてお得に継続できます。

→カナガン公式サイト(定期コースはこちら)

→カナガンデンタル公式サイト(定期コースはこちら)

カナガンデンタルも高いわけではないですが、やはりデンタルケアの成分が配合されている分、少し高くなります。

現在カナガンデンタルドッグフードは2.0kgが初回半額キャンペーン中(数量限定のため終了の場合もあり)※初回のみの受け取りでもok

カナガンデンタル初回半額キャンペーン

それぞれにおすすめの犬は??

特徴や原材料、栄養成分などを比較してみて、カナガンとカナガンデンタルの違いが見えてきたと思います。

ここでドッグヘルスアドバイザーの視点でそれぞれにどんな犬がおすすめなのかを解説したいと思います。

カナガンがおすすめのわんこ

偏食で食べムラがあったチワワ(4歳)

  • 安心安全なドッグフードでお手頃価格のものを探している
  • 食いつきがいいものを探している
やはりカナガンの特徴といえば、他のプレミアムフードに比べても非常にお手頃価格であるという点。定期購入を利用すればさらに割引価格で継続可能です。この価格で安全性と食いつきのバランスが取れているので、イギリスはじめ世界中で人気が高いのものわかりますね

カナガン公式サイト
(公式通販サイト)

カナガンデンタルがおすすめのわんこ

  • 安心安全なドッグフードでデンタルケアができるものを探している
  • 食いつきがいいものを探している
カナガンデンタルの特徴といえば、日本初の歯石に関する特許取得成分配合という点です。買われる方もやはり口臭や歯石などの愛犬のお口の悩みを持たれている方が多い印象です。もちろんカナガンとほぼ同じ原材料ですので食いつきも抜群です。

カナガンデンタル
(公式通販サイト)

現在カナガンデンタルドッグフードは2.0kgが初回半額キャンペーン中(数量限定のため終了の場合もあり)※初回のみの受け取りでもok

カナガンデンタル初回半額キャンペーン

まとめ


以上、人気のグレインフリードッグフードである、カナガンとカナガンデンタルの比較でした。

比べてみると、どちらもこだわりのある安心安全ドッグフードであるという共通点がわかりました。
また細かく比べてみると原材料や値段に差がありましたね。

どちらも良質なフードであるという点は共通していますが、それぞれ違いから

「うちの子にはこっちがおすすめかな?」

というのが見えたのなら幸いです。

ぜひ愛犬に試してあげてくださいね。

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
ドッグヘルスアドバイザー(認定番号H0533号)愛犬のアレルギーと涙やけに悩みドッグフードを調べるうちに危険な原材料が使用されていたことに気付きました。大切な愛犬にぴったりな安心安全なドッグフードを選びましょう。このサイトがドッグフード選びのお役に立てば嬉しいです。