このこのごはんのカロリーや脂質はいくつ?他の国産フードと比較してどう?| ドッグヘルスアドバイザー解説

私の愛犬も愛用中!お留守番カメラFurboが過去最大の10,000円オフのセール中!【在庫限りで終了】

お留守番カメラFurboが過去最大の10,000円オフのセール中!【在庫限りで終了】
◆セール期間:7月17日(水)AM0時から開始 ※売り切れ次第セール終了予定
◆通常27,000円→SALE価格17,000円
Furbo史上最大のセール販売ページはこちら(公式HP)

こんにちは。ドッグヘルスアドバイザーのだいずです。

人気の小型犬専用の国産無添加ドッグフード「このこのごはん」。
小型犬の栄養バランスに合わせたフードで当サイトでもおすすめしているフードです。

ある飼い主さんから

「このこのごはんのカロリーや脂質はいくつですか?シニア犬で体重管理をさせたいのですが与えても大丈夫ですか?」

といったお問い合わせがありました。

今回はこのこのごはんのカロリーと脂質について解説したいと思います。

このこのごはん公式サイト

このこのごはんのカロリー・脂質は?

答え
「このこのごはん」のカロリーは100グラムあたり342kcal、脂質は全体の8.2%です。

これはドッグフードとして、低めの数値です。

特に

* 現在肥満傾向でダイエットさせたい
* シニア犬で運動量が少ない
* 関節が悪いので太ると負担が増えてしまう

といったワンコにはカロリーが低いフードを選びたいですよね。

そんなワンコにはこのこのごはんはおすすめしたい栄養バランスです◎

「このこのごはん」の全栄養成分は以下の通りです。

エネルギー(100gあたり)
342kcal
水分
3.6%
タンパク質
22.8%
脂質
8.2%
粗繊維
0.7%
灰分
5.1%

カロリー・脂質は抑えられていますが、犬にとって重要なタンパク質は22.8%としっかり摂取できるので安心ですね。

しかもタンパク源は良質な国産の鶏肉や鹿肉、そして魚ですので非常に消化吸収率の高い良質なタンパク質です。

コラム:海外のドッグフードは基本的に高カロリー海外輸入ドッグフードは非常に日本でも人気が高いですが、日本の小型犬にはあまりおすすめできません。なぜなら海外のプレミアムフードは品質もよく安全性も高いものが多いのですが、栄養バランスをみるとお肉の配合率が多いため、「高カロリーかつ超高タンパク」なものが多いからです。海外のワンコは中型犬〜大型犬が多くまた運動量が多いのが特徴的です。逆に日本のワンコは小型犬が多く、運動量が少なくなります。運動量が少ない小型犬が海外の高カロリー・超高タンパクなフードを食べ続けると毎日焼肉!といったイメージで内臓に負担をかけてしまいます。またカロリーも高くなるため肥満リスクも高まります。

他の国産ドッグフードと比べると?


このこのごはんと他の国産ドッグフードを比較されている方も多いかと思います。

今回、よく一緒に検討される2商品(ヤムヤムヤム・ナチュロル)とこのこのごはんのカロリー・脂質を比べてみました。

国産ドッグフードの中でもカロリー抑えめ

そんな国産ドッグフードの中でも「このこのごはん」はかなりカロリーが低く抑えられているフードです。

カロリー 脂質
このこのごはん 342kcal 8.2%
ナチュロル 400kcal 7-9%
ヤムヤムヤム 358kcal 10%

このこのごはんのカロリーでは3つの中で一番低い数値になっています。

脂質は表示に少し幅のあるフードもありますが、比較しても低めの数値であることがわかりますね。

このこのごはんは「小型犬向け」専用に作られているフードですので、まさに小型犬にとってぴったりな栄養バランスといえます。

低カロリー低脂質!このこのごはん初回無料キャンペーンはこちら>>

なぜこのこのごはんはヘルシーなの?


「このこのごはん」がここまで低カロリー・低脂質なのに、しっかり高タンパク質のフードになっているのは理由があります。

それは

「鹿肉」は牛肉や豚肉と比べ格段に高タンパク、低脂肪、低カロリー

「鶏肉のささみ」は低脂肪で良質なタンパク質たっぷり

「まぐろ肉」はDHAが豊富で代謝をよくする

「鶏のレバー」は鉄分、葉酸、ビタミン豊富

以上4種類の肉・魚をバランスよくブレンドしているからですね。

特に鹿肉は牛肉の1.7倍の高タンパクでありながら、カロリーは牛肉の1/3、脂質は牛肉の1/15という低カロリー・低脂肪肉!

鉄分やビタミンB群、不飽和脂肪酸などの栄養素もたっぷり入っています。
4種の肉・魚は全て栄養たっぷりで安全な国産の原材料を使っているので安心ですね。

そのほかの原材料は以下の通りです。

鶏肉(ささみ、レバー)、大麦、玄米、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ、青パパイヤ末、モリンガ、さつまいも、わかめ、乳酸菌、昆布、ミネラル類(牛骨カルシウム、卵殻カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)

このこのごはん原材料について詳しく(公式サイト)

小麦やトウモロコシなど犬のアレルギーを引き起こしやすい原材料は使わず(グルテンフリー)大麦や玄米などワンコの健康に良い穀物を使用しているのもポイントです。

良質な原材料をたっぷり使っているから「このこのごはん」は数値的にもヘルシーなフードになっています。

まとめ

ドッグヘルスアドバイザー解説

まとめ

・このこのごはんのカロリーは100gあたり342kcal、脂質は全体の8.2%です。
・この数値は他のドッグフードと比較しても低カロリー低脂質
・日本で暮らす運動量が少ない小型犬にとってこのこのごはんは理想的な栄養バランス

以上、このこのごはんのカロリーと脂質についてまとめました。

このこのごはんは「小型犬専用」フードとして作られています。

こういった小型犬用としてつくられている国産プレミアムフードは珍しいです◎

そのため、運動量が少なくカロリー脂質がきになる小型犬には「このこのごはん」はまさにぴったりのドッグフードですのでおすすめです。

公式通販からであれば初回割引&送料無料でお試しできるためおすすめです↓

▼初回送料無料▼

このこのごはん
公式通販サイト

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。