小型犬のナチュロルの給与量は?子犬の場合の早見表も作成しました|ドッグヘルスアドバイザー解説

こんにちは。ドッグヘルスアドバイザーのだいずです。

国産無添加ドッグフードのナチュロル。

公式サイトを見ると給与量がざっくり掲載されている程度です。

また子犬の場合は給与量表すら掲載されておらず、不安になる飼い主様も多いかと思います。

今回は小型犬(5kg以下)の場合の給餌量を子犬と、成犬との場合に分けて計算しましたのでご紹介します。

公式サイトの給与量はこれ

ちなみに公式サイトで掲載されている給与量はこちらになります↓
ナチュロル給与量

ナチュロル公式HP

ちなみに購入した際にも、この公式サイトと同じ給与量表が載ったプリントが入っています。

この場合、4kgは掲載されていません。
また2.5kgなど間の体重のワンコも多いですよね?

そこで細かく給与量を計算しました。

小型犬(成犬)のナチュロルの給与量はこちら

ナチュロル給与量
体重を細かく区切った5kgまでのナチュロルの給与量表です。

小型犬であれば1歳〜は成犬です。
1歳〜であればこの表を参考にしてください。

運動量が少ない:1日あたりの散歩が30分以内
運動量が多い:1日あたりの散歩が30分以上

小型犬(子犬)のナチュロルの給与量はこちら

では次に小型犬の子犬期の給与量表をまとめました。

小型犬は〜1歳までは子犬期ですので、〜1歳までの場合はこちらを参考にしてください。

公式サイトを見ると次のような注意書きがあります。
ナチュロル給与量

子犬期は成犬時の体重から考えて今が何キロなのかで判断します。

例)成犬時予想が3キロのポメラニアンの子犬場合

◆1キロの時:成犬時体重の50%以下になるので、1キロの給与量(23 or 28kg)の2倍

◆2kgの時:成犬時体重が50-80%になるので、2キロの給与量(28 or 47kg)の1.5倍

このように成犬時の体重によって量が変わりますので、成犬時の体重別の早見表を作成しました。

ナチュロル給与量

ナチュロル給与量

ナチュロル給与量

ナチュロル給与量

愛犬の状態を見ながら調整

表の数値はあくまで参考で、愛犬の体質など個体差があります。

適量かどうかの判断は、愛犬の状態で確認します。

・体重が減少する→足りない
・ウンチがゆるい→多すぎる
・嘔吐→多すぎる

以上です。

愛犬の様子を見ながら微調整してあげましょう。

理想的なうんちとは

ウォルサム®研究所の、ウォルサム糞便スコアチャートが参考になります。

下のチャートで、理想的な便はグレード1.5~2.5となります。またグレード3~3.5の間に入っていれば許容範囲です。
理想的な犬のうんち

まとめ

以上、ナチュロルの給与量を成犬、子犬(体重別)にまとめました。

公式サイトに掲載されている表、またこの記事で掲載している早見表はあくまで目安ですので
愛犬の様子や便の様子を見ながら微調整してあげましょう。

ナチュロルは国産ドッグフードでは珍しいグレインフリーのドッグフードです。
3ヶ月も続ければ体の中からリセットされる良質なドッグフードですので是非愛犬に試してあげてください。

初回は100円でお試しすることができます↓

ナチュロル公式HP
(初回100円お試し)

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。