Naturally Fresh(ナチュラリーフレッシュ)を評価!原材料の安心度や口コミは?|ドッグヘルスアドバイザーがおすすめ度を判定します


[出典:公式サイト]

こんにちは。ドッグヘルスアドバイザーのだいずです。

ナチュラリーフレッシュドッグフードを詳しく分析して、おすすめ度を評価をしたいと思います。

こちらのフードは取扱店舗が限られているフードです。

味の違いで3種類あります。
・犬用チキン&ダック(鶏肉と鴨肉)
・犬用ターキー&ラビット(七面鳥とうさぎ肉)
・犬用ポーク&ビーフ(豚肉と牛肉)

今回はチキン&ダックで分析していきますね。
ドッグヘルスアドバイザーとして評価します!ドッグフード選びのご参考にしてください。

おすすめ度

おすすめ度は星3つ!


こちらの採点内容はページ下部で詳しくご紹介します。

【Naturally Fresh】ナチュラリーフレッシュ チキン&ダック商品情報

原産国

カナダ

対象は?

全年齢対応(子犬~シニア犬まで)

原材料

好ましくない部分は青文字で表しています。

骨抜き鶏肉、乾燥全卵、白インゲンマメ、エンドウ豆、エンドウ豆たんぱく、ハトムギ、鶏脂肪(ミックストコフェロールで保存)、亜麻仁、天然香味料、骨抜き鴨肉、ニシンオイル、トウジンビエ、炭酸カルシウム、二リン酸カルシウム、キヌア、ビタミン類[塩化コリン、ビタミンEサプリメント(保存料)、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸(酸化防止剤)、ナイアシン、ベータカロチン(酸化防止剤)、ビタミンAサプリメント、硝酸チアミン、D-パントテン酸カルシウム、塩化ピリドキシン、リボフラビン、ビオチン、ビタミンB12サプリメント、ビタミンD3サプリメント、葉酸]、ミネラル類[硫酸鉄、硫酸亜鉛、硫酸銅、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム、亜鉛タンパク化合物、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、鉄タンパク化合物]、硫酸カルシウム、塩化ナトリウム、DL-メチオニン、乾燥チコリ根、酵母エキス(マンナンオリゴ糖の素)、トリポリリン酸ナトリウム、リンゴ、ニンジン、クランベリー、タウリン、ホウレンソウ、サツマイモ、大麦若葉、トマト、乾燥枯草菌発酵産物、乾燥リケニホルミス菌発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィラス発酵産物、乾燥ラクトバチルス・カゼイ発酵産物、乾燥ビフィズス菌発酵産物、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥アスペルギルス・オリゼー発酵産物

気になる原材料

穀物(ハトムギ・トウジンビエ・キヌア)

穀物

こちらのフードは穀物が含まれますが、安いフードに見られる「小麦」や「とうもろこし」といった粗悪な原材料ではありません。古代穀物としてビタミン・ミネラルたっぷりのハトムギ・キヌアなどが使用されています。

ですが、一般的に犬は穀物が以下の2点の理由で苦手ですので、できれば穀物不使用(グレインフリー)が理想的です。

(1)穀物は犬のアレルギーを起こしやすい

最近本当にこのアレルギーで悩むワンコは多いのです。。。

穀物(トウモロコシや小麦)はアレルゲンになりやすいとされています。
それにもかかわらず加工のしやすさ、またコスト削減のために「かさ増し」のために
多くのドッグフードではこの穀物が使用されています。

私の愛犬も謎のお腹の湿疹からの痒みの症状で悩んでおりましたが
グレインフリーに切り替えたことで症状が改善しました。

だたしこのフードには一番アレルゲンになりやすいとされる「小麦(グルテン)」は含みません。
=グルテンフリーです

(2)犬は穀物を完全に消化できない

詳しく解説すると

  • 犬の唾液には「アミラーゼ」と呼ばれる、でんぷん質の炭水化物を分解する酵素が含まません
  • 消化器官が草食動物に比べ短いため穀物をうまく消化することができません

つまり完全に消化されず、うんちとして出てきます。=ウンチの量が増える!

ずっと食べ続けることによって肥満や糖尿病、消化器官の異常や、アレルギーといった病気のリスクに繋がるため ワンコの健康のためにグレインフリーを選びましょう。

栄養成分

粗タンパク質:23%以上、粗脂質:15%以上、粗繊維質:3.5%以下、水分:10%以下、カルシウム:1.2%以上、リン:1.0%以上、DHA:0.1%以上、オメガ6:3%以上、オメガ3:0.35%以上
カロリー:374.7kcal/100g

タンパク質量が少し低いのが気になります。

全年齢対応フードですが、たくさんの栄養(特にタンパク質)が必要な子犬期や授乳期にはあまりおすすめしません。

カルシウムとリンのバランスは理想的です。

価格は?

1kg:2100円(税抜)
1kg当たり⇒2100円

【Naturally Fresh】ナチュラリーフレッシュ チキン&ダックを採点評価

判定項目※ 判定 判定内容
高タンパク
原材料にタンパク質源である「肉」が1番目に表記されているか
骨抜き鶏肉
肉副産物不使用
人間でも食べられる品質か(副産物✕/肉粉✕)
使われているお肉は100%生肉
穀物不使用
低炭水化物/低アレルゲンか
ハトムギ・トウジンビエ・キヌア
無添加
有害な人工添加物が含まれていないか
ビタミンE、ベータカロチンなど、天然由来の保存料
価格
続けていける価格か
1kg:2100円(税抜)
採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
6/10点中 ↓最終判定↓

ドッグフード選びに大切な5つのポイントを判定項目にしています

↓↓↓
さらに、上の5項目に加えて気になる点をチェックします。
気になる点があれば減点方式として判定します。

↓↓↓

さらに気になる点をチェック(減点方式)
判定項目※ 判定 判定内容
不安な原材料はないか ×(-1点)
その他
最終採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
6/10点中 カナダ産の新鮮な原材料を使用し、素材丸ごと使用することにこだわったホールフードです。気になる点は、穀物が入っている点とタンパク質量が少し少なめな点。たくさんの栄養を必要とする子犬期・授乳期にはあまりおすすめできません。

【Naturally Fresh】ナチュラリーフレッシュ チキン&ダックの口コミ・評判は?

  • とにかく食いつきにビックリです。ドッグフード嫌いで、いつもお肉と野菜のスープをかけないと食べてくれないうちの犬が、そのままでもポリポリ食べました!
  • 飽き性のうちの子にはめずらしく、ナチュラリーフレッシュだけは食べてくれています。
  • 粒は大きめですが、平べったいので抵抗なく食べてます。
    今の所便も通常と変わりないし、アレルギーとはも出ないので
    このまま続けてみようかなぁと思ってます。
  • ドッグフードだけでは、ほぼ食べてくれないウチの子も、このフードはこれだけでカリカリ食べてくれます。
  • これだけでは食べないので、なにかしらトッピングしてあげていますが、
    体調や毛艶もいいようです。

食いつきへの口コミが多いですね。

「天然香味料=ミートブロス(お肉でとったスープ)」が入っているため

愛犬・愛猫の食いつきがいいのはもちろんのこと、素材の持つ栄養が溶け出したスープも、残さず最後の一滴までまるごといただくことができる、最高の天然調味料となっています。

【Naturally Fresh】ナチュラリーフレッシュ チキン&ダック分析まとめ

以上、【Naturally Fresh】ナチュラリーフレッシュ チキン&ダックの分析でした。

3種類の味(チキン&ダック・ターキー&ラビット・ポーク&ビーフ)があり、ローテーションをしながら与えてあげられるのは嬉しいですね。味が変わることで飽きることも防げますし、アレルギー予防にも効果的かと思います。

気になる点は
・穀物が使用されている点
・タンパク質量が少ない点
です。

ナチュラリーフレッシュで使用されている穀物は小麦やとうもろこしといった粗悪な原材料ではなく、栄養価の高いキヌアやハトムギですので絶対に×というわけではありませんが、できれば避けたい原材料です。

またタンパク質量が少なめのため子犬期や授乳期のたくさん栄養が必要な時期のワンコにはあまりおすすめできません。

当サイトでは無添加のグレインフリーフードをランキングでご紹介しています。是非ご参考にしてください。
↓おすすめランキングはこちら↓
ドッグフード おすすめ 無添加 安心 安全 ランキング 口コミ レビュー 評判 アレルギー 涙やけ

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。