ウェルネスドッグフード(穀物不使用)リアルな評価!原材料の安心度や口コミは?|ドッグヘルスアドバイザーがおすすめ度を判定します

こんにちは。ドッグヘルスアドバイザーのだいずです。

ペットショップでも「良さそうなフード」で陳列されているウェルネスドッグフードシリーズ。

使用されている原材料や栄養成分の安全度は実際のところどうでしょうか?

今回はグレインフリータイプの商品を詳しく評価して生きたいと思います。

おすすめ度

おすすめ度は星3つ!

こちらの採点内容はページ下部で詳しくご紹介します。

ウェルネス穀物不使用商品情報

※ウェルネス穀物不使用小型犬用 1歳以上用骨抜き七面鳥

原産国

アメリカ

対象は?

1歳以上用

原材料

好ましくない部分は青文字で表しています。

骨抜き七面鳥、チキンミール、えんどう、レンズ豆、ひよこ豆、サーモンミール、鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、トマトポマス、じゃがいも、粗挽き亜麻仁、サーモン油、トマト、チキンエキス、にんじん、ほうれん草、さつまいも、ブルーベリー、りんご、チコリ根抽出物、ラクトバチルス・プランタルム※、エンテロコッカス・フェシウム※、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィラス※、コンドロイチン硫酸、ユッカ抽出物、グルコサミン、ミネラル類(塩化カリウム、亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(コリン、E、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ナイアシン、A、アスコルビン酸、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)
※乳酸菌

気になる原材料

・ミール系原材料
・チキンエキス

ミール系原材料

ミールとか言われたらお肉なのかな?って思ってしまいますが実態はかなり粗悪なものもあります。

一般的にこのミールは、脂肪から油を作る工程(レンダリング)から生まれます。
ペットフードに多く使用されている肉粉は直接食用にできない脂肪に熱を加えて溶かして油を作る工程でできた最後の残りカスです。

この食用にできない部分には「食肉処理場に運ばれる途中で死んでしまった動物」「糞尿」「安楽死したペット」なども含まれているケースがあります。 (参考文献:「食べさせてはいけないペットフードの恐ろしいはなし」78頁より)

ただし良質な肉のみを粉にしているメーカーもありますので、ミール=絶対に粗悪なもの!と決めつけるのも極端な判断だと思います。ウェルネスの公式サイトを見ると副産物は不使用とありますので、メーカーを信用するならばそこまで粗悪なものではないと判断します。

しかしながら粉にするということは、ある程度高音で調理されますので生肉に比べると栄養価が崩れやすいため、〇〇ミールの表記は避けたい原材料です。

チキンエキス

このエキスという表現に曖昧さがあります。

ドッグフードは食いつきをよくするために、動物の油などをコーティングするケースがあります。このエキスも栄養のためというよりも、食いつきをよくするために配合されているものです。良質なお肉をたっぷり使用したフードであれば食いつきは良いはずですが、こういったエキスや油が添加されているということは肉の味が悪い(=素材があまり良くない)と推測されます。

栄養成分

たんぱく質・・・・32.0%以上
脂質・・・・・・・16.0%以上
粗繊維・・・・・・5.5%以下
灰分・・・・・・・8.5%以下
水分・・・・・・・10.0%以下
カルシウム・・・・・・・・・1.3%以上
リン・・・・・・・・・・・・・・・1.0%以上
ビタミンA・・・・・・・・・・・25,000 IU/kg以上
ビタミンE・・・・・・・・・・・200IU/kg以上
アスコルビン酸(ビタミンC)・・・100mg/kg以上
オメガ-6脂肪酸・・・・・3.5%以上
オメガ-3脂肪酸・・・・・1.0%以上
グルコサミン・・・・・・・250mg/kg以上
コンドロイチン硫酸・・・200mg/kg以上
タウリン・・・・・・・・・・・・・・・・0.09%以上
総乳酸菌※数・・・・・・・4.3×104CFU/g以上
※ラクトバチルス・プランタルム、エンテロコッカス・フェシウム、
ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・アシドフィラス

価格は?

0.8kg:1850円(税抜)
1kg当たり⇒2312.5円

ウェルネス穀物不使用
小型犬用 1歳以上用
骨抜き七面鳥を採点評価

判定項目※ 判定 判定内容
高タンパク
原材料にタンパク質源である「肉」が1番目に表記されているか
骨抜き七面鳥がメイン
肉副産物不使用
人間でも食べられる品質か(副産物✕/肉粉✕)
× ミール系原材料あり
穀物不使用
低炭水化物/低アレルゲンか
無添加
有害な人工添加物が含まれていないか
保存料は天然のミックストコフェロール
価格
続けていける価格か
0.8kg:1850円(税抜)
採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
5/10点中 ↓最終判定↓

ドッグフード選びに大切な5つのポイントを判定項目にしています

↓↓↓
さらに、上の5項目に加えて気になる点をチェックします。
気になる点があれば減点方式として判定します。

↓↓↓

さらに気になる点をチェック(減点方式)
判定項目※ 判定 判定内容
不安な原材料はないか
その他
最終採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
5/10点中 お肉メインで穀物不使用と理想的なフードに見えますが、よく見るとミール系の原材料やチキンエキスといった曖昧な表現の原材料が不安です。その割には値段も高いため5点と評価しました。

ウェルネス穀物不使用の口コミは?

楽天やアマゾンなどの特徴的な口コミを集めました。

  • 七面鳥は初めてでしたが気に入ってくれたようです。
    家禽副産物不使用、この言葉にとても安心します。
  • 好き嫌いは結構あるほうですが、高いだけあって食いつきは
    かなり良いです。
  • 匂いは多少ありますがそうは気にならないレベルです。
    胃腸の調子も崩しませんでした。
  • 小型犬用ということで小粒で食べやすそうでした。
    嗜好性も良くて美味しそうに食べてくれました。
  • 食いつきは良いです。でも少し高いかな・・・

食いつきが良いといった口コミが目立ちました。

これはお肉メインだからという理由もありますが、やはり「チキンエキス」といった味付も影響しているかと思います。

ペットフードは、人間用の食品に比べ曖昧な表記が許されます。
エキス・・・なんだか怪しいと思いませんか?

本当に素材のいいお肉や魚を使用したフードであれば、チキンエキスやフレーバー、塩などの味付けなど無くても食いつきが良いはずです。

ウェルネス穀物不使用まとめ

以上、ウェルネス穀物不使用
小型犬用 1歳以上用
骨抜き七面鳥の分析でした。

お肉メイン&グレインフリーということで一見理想的なフードに見えますが、よく見るとミール系の原材料が使用されていたり・・・と100%安心とは言い切れないフードです。

その割に値段が高いのであまりおすすめはしません。

ミール系の原材料やチキンエキスが不使用でも、食いつきが良いと評判の無添加のグレインフリーは他にもあります↓

【おすすめの無添加グレインフリードッグフード】

◆モグワンドッグフード

◆カナガンドッグフード

◆ナチュロル(国産)

当サイトでは無添加のグレインフリーフードをランキングでご紹介しています。是非ご参考にしてください。
↓おすすめランキングはこちら↓
ドッグフード おすすめ 無添加 安心 安全 ランキング 口コミ レビュー 評判 アレルギー 涙やけ

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。