カナガンの安全性って正直どうなの?原材料・品質管理・販売元を公平に評価!|ドッグヘルスアドバイザー解説

こんにちは。ドッグヘルスアドバイザーのだいずです。

イギリスを代表するドッグフードの「カナガン」。
日本でも大変人気の商品です。

ところが

「カナガンの安全性って本当に大丈夫なの?」
「人気がありすぎて怪しい」

と言った疑問をもたれる飼い主様も多いようです。

今回はカナガンドッグフードの安全性を
◆原材料
◆品質管理体制
◆メーカー/販売元の信頼度

の3つのポイントに分けて公平に見ていきたいと思います。

カナガン公式サイトはこちら

カナガンの原材料の安全性

ドッグフード 無添加 カナガン おすすめ 口コミ レビュー 評価 評判 リアル 本音 涙やけ アレルギー 食いつく 食べる

まずはカナガンの原材料の安全性について見ていきましょう。

カナガンの原材料
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

原材料の安全性を確かめる上で下記のポイントが重要です。

  • 犬にとって不安な原材料が含まれていないか?
  • 中国産原材料が含まれていないか?

果たしてカナガンはこのポイントを押さえているのでしょうか?
一つずつ見ていきましょう。

犬にとって不安な原材料が含まれていないか?

カナガンの安全性

まず1つ目。

これについては◎です。

カナガンは犬にとって不安な原材料は一切使用されていません。
犬にとって不安な原材料ってなに?
【犬にとって不安な原材料】
◆人口添加物
→ガンなどの病気、アレルギーなどの原因になります
例)酸化防止剤(BHA)、タール系着色料、亜硝酸ナトリウム、◯◯フレーバーなど)

=カナガンは人口添加物は無添加です

◆粗悪な穀物
→アレルギーや消化器官の異常、肥満などの原因になります
例)とうもろこし、小麦など

良質なフードで使用されている全粒大麦などは栄養価も高く問題ありませんが、安価なフードの小麦やとうもろこしは廃棄寸前の安価なもので栄養は見込めずアレルギーの原因になりやすいと言われています

=カナガンは穀物不使用(グレインフリー)

中国産原材料が含まれていないか?

カナガンの安全性

これについては◎ではなく△です。

ドッグフードを選ぶ際に中国産の原材料が含まれるかどうかを気にされる方も多いと思います。

過去にアメリカで大問題となった毒入りペットフード事件は中国産の小麦が原因でした。

それ以降も市販されている安価なペットフードの原材料の多くは中国産が使用されています。

カナガンドッグフードは基本的にはイギリス、及び近隣のヨーロッパの原材料が使用されています。
そこで販売元に確認したところ、中国産原材料について以下のような回答がありました。

Q:原材料で中国産のものはありませんか?
A:時期にもよりますが、一部中国製の原材料が含まれております。 一部食材について品質面や安定供給ができるか供給能力面を考慮しアジア諸国から輸入しているものがあり、 アジア諸国のうちには中国が含まれている可能性がございます。 ただし、基本としてイギリス本国及び近隣諸国で調達可能(かつ高品質)な食材については可能な限りその対応をしております。

回答を見ると、一部アジア諸国の原材料が使用されており、その中に中国産も含まれる可能性があるとのことでした。

カナガンドッグフードはお肉と野菜・ハーブたっぷりのレシピですので、他のフードに比べ安定供給が難しいフードになります。
そのため「一部中国産のものを使用するときもありますよ」と言った回答でした。

ですので、絶対に中国産の原材料が使用されている訳ではありませんので、この中国産原材料のポイントは△です。

しかしながら
◆過去にあった毒入りペットフード事件の中国産原材料は「小麦」であり、カナガンでは小麦は使用されていない
◆製造後に有毒物質がないかのチェックがある
以上のことを踏まえるとカナガンは他フードに比べて安全性は高いと言えます。

一般的な他のフードは産地を公表すらしておらず、小麦やとうもろこしは未だに中国産が多く使用されています。

原材料について詳しくみる(カナガン公式サイト)

カナガンの品質管理体制

次の安全性の指標として品質のチェック体制です。

品質チェックを確かめる上で、下記のポイントが重要です。

  • 品質チェックがどのように行われているか
  • トレーサビリティー体制は整っているか

カナガンはどのような体制でしょうか?

それぞれ見ていきましょう。

品質チェックがどのように行われているか?

カナガンの安全性

これについては◎です。

人間の食品でも製造後に「異物が混入していないか」などのチェックがありますが、カナガンは製造前・製造後に2回チェックが行われます。

◆製造前
原材料の品質テスト
→ひとつひとつの原材料について、製造のたびに様々な角度から検査されます。
製造ライン全体は常にモニターで監視され、何か異常があればその場ですぐに検知されます。

◆製造後
出来上がったドッグフードを3mmまで粉砕しチェックが行われます。
公式サイトにはこう記載があります

専用の特別な機械でスキャンし、スペクトラム分析にかけます。システムにあらかじめ登録されたデータと照合され、万が一、異常があった場合には即座に検知されるのです。
また、これら品質テストは全て「品質検査官」と呼ばれる、品質管理のエキスパートたちによって行われます。

製造前と製造後の2回のチェックがあるのはカナガンの特徴と言えます。また日本から注文があってから製造する受注生産のため新鮮な状態で日本に輸出されています。

品質管理について詳しくみる(カナガン公式サイト)

トレーサビリティー体制は整っているか?◎

カナガンの安全性
これも◎です。

最近よく耳にする「トレーサビリティー」という言葉。

食品の安全を確保するために、栽培や飼育から加工・製造・流通などの過程を明確にすること。 また、その仕組み。
出典元コトバンク

人間の食品でも、この仕組みが取り入れられているのはごく一部。

カナガンは、シリアル番号を用いて、トレーサビリティー制度が整っていると言えます。

◆袋ごとにシリアル番号記載
ドッグフード 無添加 カナガン おすすめ 口コミ レビュー 評価 評判 リアル 本音 涙やけ アレルギー 食いつく 食べる

品質チェックが行わて、袋詰めされたカナガンドッグフードの袋に個別のシリアル番号が記載されます。

この番号で、生産日はもちろんのこと、どの原材料がいつどこから来たのかまでを把握することができます。

メーカー・輸入販売元の信頼度

カナガンの安全性
最後にメーカー・販売元の信頼度を見ていきましょう。

メーカー

こちらは◎です。
メーカー(製造元)はイギリスです。
カナガン 開発者 エディーさん

カナガンの歴史は、ドッグフードの製造メーカーで勤めていた開発者(エディー氏)が、コスト削減のために粗悪な原材料で製造されるドッグフードの現実を目の当たりにし、「本当に安心できる高品質なドッグフードを作りたい」と独立したことから始まりました。

今やカナガンは、世界26カ国以上に輸出されイギリスを代表するペットフードブランドになりました。

また2017年の「Queen’s Award for Enterprise 2017」を受賞しました。
この賞はイギリス国内で優秀な企業に授与される名誉ある賞で、カナガンはイギリスを代表するペットフードとして国のお墨付きをもらったということですね。

参照:Symply Pet Food celebrates winning Queen’s Award for Enterprise

輸入販売元

こちらは◎です。
カナガンの原産国はイギリスで、日本に輸入されています。

日本への輸入販売を行なっている会社が株式会社レティシアンになります。

販売事業者名 株式会社レティシアン(旧社名:株式会社貿易総合研究所)
事業内容 「カナガンドッグフード」「カナガンキャットフード」「ナチュラルドッグフード」輸入販売総代理店/インターネット通販サイトの運営
代表取締役 四方 祥樹
所在地 〒101-0047 東京都千代田区内神田2-15-9 内神田282ビル3F
設立 2007年1月
従業員数 70名

ドッグフードのみならずキャットフードも扱っており、無添加の厳選されたペットフードのみを取り扱っています。

この株式会社レティシアンへ信頼度◎については個人的な感覚です。

他のドッグフード販売元にも、数多くコンタクトを取ってきましたが
比較的このレティシアンは飼い主目線、犬目線と言えます。

ドッグフードについての不安のみならず、犬の健康の不安についてもいつでも相談に乗ってくれます。
通販でカナガンが届く際に同封されている「なんでも相談封筒」には感動しました。


犬の不調など確認できる窓口があるのは安心ですよね。アフターサービスもしっかり整っていると言えます。

株式会社レティシアンについて詳しくみる(カナガン公式サイト)

まとめ

カナガンの安全性

安全性のポイント ポイントの詳細 判定
原材料 不安な原材料はないか
中国産原材料はないか
品質管理 品質チェック体制
トレーサビリティー体制
メーカー販売元 メーカー
販売元

この表を見ると、カナガンドッグフードの安全性は他のフードに比べて高いと言えます。

ドッグフードの安全性はまだまだ明らかにされてないブラックボックスが多く、原材料も産地も全てを明らかにしているフードは少ないです。

そんな中でカナガンは「犬にとって本当に安全なものを作りたい」という志を持った開発者が、丁寧に作ったドッグフードです。
厳選された食材のため大量生産が出来ないためどうしても「高い」と思われる方もいるかもしれません。

ですが犬にとってずっと食べ続ける毎日の食事ですので、本当に安心できるフードを与えてあげてください。

カナガンは良質なタンパク質で、どんなワンコにもお勧めできる優れたドッグフードです。

※カナガンドッグフードは公式サイト のみでの販売です。楽天やペットショプでは購入できません

カナガンの公式HP
(正規販売サイト)へ

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。