モグワンとネルソンズはどちらがおすすめ?|ドッグヘルスアドバイザーが比較&解説します

モグワンドッグフード ネルソンズドッグフードの比較こんにちは。ドッグヘルスアドバイザーのだいずです。

どちらも無添加のグレインフリーフードとして有名なモグワンとネルソンズドッグフード。

「モグワンとネルソンズの違いは?」
「どちらが良いフード?」
「私の愛犬にはどちらがおすすめ?」

といった疑問を持たれる飼い主様も多いと思いますので
今回はモグワンとネルソンズを比較してどちらがどんなワンコにおすすめなのかを解説していきたいと思います。

商品の特徴

モグワン

  • ドッグフードの輸入を長年取り扱ってきた日本の会社がイギリスの専門家と開発
  • 人口添加物不使用&グレインフリー
  • 低脂肪、低カロリー
  • 小粒

ネルソンズ

  • イギリスのトップブリーダーが開発
  • 人口添加物不使用&グレインフリー
  • 大粒

それでは詳しく比較しながら見ていきましょう。

原産国

モグワン:イギリス
ネルソンズ:イギリス

対象年齢/犬種

モグワン : オールステージステージ(4か月~)/ 全犬種用
ネルソンズ: 成犬用(7ヶ月~7歳) / 全犬種用

モグワンは子犬4か月からシニアまで。対してネルソンズは成犬のみです

原材料比較

※気になる原材料があれば青文字で表記します。

原材料
モグワン チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン
ネルソンズ 乾燥チキン(26%)、チキン生肉(20%)、サツマイモ、ジャガイモ、豆、鶏油、バターナッツスカッシュ(4%)、チキングレービー、サーモンオイル、豆繊維、ミネラル、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、海藻パウダー、グルコサミン、クランベリーエキス、コンドロイチン、ニンジン、グリーンピース、カボチャ、リンゴ、ナシ、ブロッコリー、パースニップ、ペパーミント、パセリ、フェンネル、マリーゴールド、ショウガ、グレープシード

モグワン・ネルソンズの原材料の特徴

モグワンの主原材料は生のチキンとサーモン。

ネルソンズの主原料は乾燥チキン。

どちらもお肉がメインといことで犬にとって理想的ですが、モグワンのような生肉の方が消化吸収率が高い(=体の役に立つ)です。

ネルソンズのように、乾燥〇〇は、行程で粉状にするために、ある程度「高音調理」されている可能性がありますので、どうしても栄養価が壊れやすくなります。

またモグワンは「手作り食」がコンセプトということで、まるでスーパーで揃えたような野菜や果物がたくさん入っています。また抗酸化作用で注目されてる高級食材ココナッツオイルも入っています。

モグワン・ネルソンズの気になる原材料は?

気になる原材料、危険な原材料はどちらもありません。

着色料や保存料などの人口添加物は一切不使用で、肉以外の野菜やハーブ系の材料もたっぷり入っておりまさに理想的と言えます。

では栄養成分は??

栄養成分比較

栄養成分
モグワン 粗タンパク質 28%
粗脂肪 12%
粗繊維 3%
粗灰分 8%
水分 8%
オメガ6 1.63%
オメガ3 1.29%
リン : 1.27%
マグネシウム : 0.17%
ナトリウム : 0.29%
カルシウム : 1.65%
カリウム : 1.05%

エネルギー 344kcal/100g

ネルソンズ 粗タンパク質 : 30.0%
脂質 : 15.0%
粗灰分 : 7.5%
粗繊維 : 2.50%
水分 : 8.0%
オメガ6脂肪酸 : 2.2%
オメガ3脂肪酸 : 0.24%
リン : 0.90%
マグネシウム : 0.08%
ナトリウム : 0.18%
カルシウム : 2.20%
カリウム : 0.50%
エネルギー(100gあたり)/362kcal

どちらもお肉がメインで穀物不使用ということで「高タンパク低炭水化物」という犬の食事にとって理想的なバランスです。

モグワンは低脂肪・低カロリー

比較してみるとモグワンは低脂肪&低カロリーと言えます。

【モグワン】
・脂肪12%
・ カロリー344kcal/100g

【ネルソンズ】
・脂肪 15.0%
・ カロリー 362 kcal/100g

モグワンは他のグレインフリーフードの中でも比較的低脂肪、低カロリーです。

グレインフリーフードはお肉がメインになるのでどうしても脂肪や、カロリーが高くなるのですが
モグワンは魚や野菜・果実も多く入っているため抑えられています。

これもモグワンが日本の会社によって開発されたという背景が大きい特徴です。

海外のワンコに比べて運動量が少ない日本のワンコのために考えられたレシピですので低脂肪・低カロリーとなっています。

「グレインフリーで低脂肪・低カロリーのものを探している」
「良質なフードでダイエットさせたい」

という飼い主様におすすめです。

モグワンの原材料&栄養成分の詳細はこちら(公式サイト)

ネルソンズはカルシウムが多い=関節トラブル&結石注意!

気になるのがネルソンズのミネラルバランスです。

カルシウムとリンの比率が1:0.4となっており、かなりカルシウムの比率が高くなっています。

世界的な AAFCO栄養基準ではカルシウム:リンの比率は 1:1~2:1ですので基準も少しオーバーとなっています。

カルシウムが多ければいいんじゃないの?

人間の感覚だと

「カルシウムは骨に良いしたくさん摂取した方が良い!」

と思いがちですが犬にとってはそうではありません。

摂取しすぎる(=リンとのバランスが悪い)と、

  • 股関節形成不全などの”関節トラブル”
  • カルシウムが結合し「シュウ酸カルシウム結石」⇒尿路に石が出来る

を引き起こすリスクが高くなります。

なによりバランスが大切ですので、このネルソンズのカルシウムが高い比率は気になります。

モグワンは基準内に収まっており、理想的なバランスです。

カルシウム リン カルシウムとリンの比率 基準内か
AAFCO栄養基準 0.6~2.5% 0.5~1.6% 1:1~2:1
1:0.8が理想的
モグワン
item01-01
1.65% 1.27% 1:0.8
ネルソンズ
item01-01

2.20% 0.90% 1:0.4 ×

粒の大きさの比較

【モグワン】モグワンドッグフード 口コミ 評価モグワンドッグフード 口コミ 評価

モグワンは楕円のドーナツ型の平べったい小粒タイプ。実測で0.8〜1.2cm位。高さは0.5cm程度。

対して

【ネルソンズ】ネルソンズドッグフードの粒の大きさネルソンズドッグフード 粒の大きさ

ネルソンズは珍しい三角形です。これは公式サイトで見るより実際もっと大きく感じました。
実測で1.3cm位。高さは0.8cm程度(一番膨らんでいるところ)

こうしてみるとモグワンは粒が小さいため、小型犬や早食いワンコにも安心して与えてあげられるサイズです。

対してネルソンズは大粒サイズなので小型犬や早食いワンコには注意が必要です。ただボリボリと食べごたえのある粒なので「小粒すぎると飲み込んでしまう」というワンコには良いサイズ&形状ですね。

価格の比較

ちなみに1日あたりの価格は我が家のポメラニアン(4キロ)の給餌量で測った時の価格です。
※給餌量はそれぞれ公式サイトの数値を参考にしています

価格 1kg当たりの価格 1日当たりの価格※
モグワン 1.8kg:3,960円(税抜) 2,200円 (税抜) 176円(1日80g)
ネルソンズ 2kg: 3,960 円(税抜) 1,980円 (税抜) 139円(1日70g)

モグワン・ネルソンズは購入方法によってさらに安くなる?

モグワン・ネルソンズ は同じ販売元で、どちらも通販限定です。

またどちらも通常購入と定期購入の2種類の購入方法から選べます。

通常購入は1回きり。定期購入は個数と時期を予め設定しておいて継続して届けてくれる方法です。

この定期購入やまとめ買いをすると最大20%オフが受けられます◎

ドッグフードはずっと買うものですので、安く買えて重いフードを玄関まで運んでくれるのは有難いですね。

モグワンの定期購入について詳しく見る(公式)

ネルソンズの定期購入について詳しく見る(公式)

口コミの比較

モグワンとカナガンはどちらが良いフードでおすすめなの?|ドッグヘルスアドバイザーが比較・解説します

実際の口コミはどんなの??

モグワンの口コミ評価

公式サイトや実際に使用された個人ブログ、アマゾンの評価をまとめました。

愛犬の食べも良く、便の調子も良好でした。袋を開けたときの香りが、今使っているフードよりも良かったです。

初日より一気に完食しています。モグワンのチキン&サーモンのミックスされた香りは人間でも美味しそうに感じます。散歩中、しつけのためにおやつフードを持ち歩くのですが、モグワンに変えたらずっと横並びで歩き、目線も私を見てアイコンタクトもバッチリでした。ミックス4歳

とても食い付きが良かったです。フードに匂いもほとんどなく、愛犬も美味しそうに完食していました。フードにいろいろな効果があるので、今後もあげていきたいと思いました。トイプードル4歳

原材料に、イマ注目の人間にも良いとされる「オメガ3」や「ココナッツオイル」などを使用していていいと思います。トイプードル14歳

カナガンと迷いましたがフード以外に野菜や果物を食べる事も多く。それに、近いフードがモグワンドックフードでした。

現在オリジンを使用していますが、カロリーが低めで安全なものを探していたので。

もともとよく食べ、太りやすい子なので食べ物には慎重になるのですが、モグワンはカロリー・脂肪分も控えめなのでおやつ代わりに使用しても良いなと思いました。少し年を取ってくると足腰のケアも考えないといけないので、コンドロイチンが入っているところもいいですね。

グレインフリーとたんぱく質豊富で、手作り食をもとに作られたこちらのフードに興味を持ちました。

野菜や果実もたっぷり入っており、ココナッツオイルなどの抗酸化作用のある原材料に好感をもって購入されている飼い主様が多いようです。

また低脂肪・低カロリーである点も決め手の一つとなっているようです。

ネルソンズの口コミ評価

実際に使用された個人ブログ、アマゾンの評価をまとめました。

ネルソンズを食べることによって、毛並みがキレイになりました!
長生きしてほしいので良いフードに出会えて良かったです♪ キャバリア キングチャールズ スパニエル

ネルソンズドッグフードを食べるようになってから
毛艶が良くなった気がします。
原材料が安心できるフードに出会うことができてとても良かったです。 ミニチュアダックス

イタグレなので毛が短いけど、艶がすごく良くなったし、
関節ケアもできるフードなので嬉しい! イタリアングレーハウンド

4歳のポメラニアンです。先日神経系の炎症で具合悪く食欲不振、嘔吐したりしてから現在食べているフードを嫌いになったようなので、ネットで獣医推薦フードを調べて御社フードを知り、試してみようと思いました。 ポメラニアン

涙やけがすごくてアボダームを使ったところ糞が臭くなったので変えてみようと思い、購入しました。

毛艶がよくなった!の評価が多かったです。

ネットの口コミを見ていると、毛艶がよくなったとの意見が目立ちました。

オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸を豊富に含むサーモンオイルや海藻が含まれていますので納得の毛艶効果ですね。

原材料の安心度・おすすめ度を総合判定

ここまで見てきたそれぞれのドッグフードの特徴をまとめてみたいとおもいます。

まず当サイトでドッグフード選びのポイントとして挙げている5つのポイントで比較します。

ドッグフード選びに大切な5つのポイントはこちら

モグワンの総合判定

判定項目※ 判定 判定内容
良質タンパク源 新鮮なチキン生肉と生サーモンをふんだんに使った高タンパクなフードで、動物性タンパク質の割合はなんと50%以上!文句なしに◎です。
肉副産物不使用 イギリス産平飼いチキンの新鮮な生肉とスコットランド産の良質なサーモンを使用し野菜もたっぷり。堂々と公式サイトでも「人間でも食べられる」とありますので◎
穀物不使用 穀物は一切不使用のグレインフリーです。
無添加 保存料には、天然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)が使用されています。また、食材そのものの色や味を大切にし、人工調味料や着色料は一切使用されていないので安心です。
価格 1.8kg=3,960円(税抜)厳選された食材のため少し高めになります
採点 9/10点中

さらに、上の5項目に加えてチェックします。

↓↓↓

さらに気になる点をチェック(減点方式)
判定項目※ 判定 判定内容
不安な原材料はないか
その他 ココナッツオイルや野菜果実など贅沢に使用しており栄養価が非常に高い
最終採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
10 /10点中 原材料は安心度の高いものばかりで、食いつきの評価も高くまさに「良いとこどり」の優秀ドッグフードです。抗酸化作用のあるココナッツオイルは老化防止に効果的です。厳選食材のため少し値段が高くなります。

モグワン:10/10点中

ネルソンズの総合判定

判定項目※ 判定 判定内容
高タンパク
原材料にタンパク質源である「肉」が1番目に表記されているか
第一主原料(最も多く使用している原料)に 鶏肉 を使用
肉副産物不使用
人間でも食べられる品質か(副産物✕/肉粉✕)
乾燥チキン(26%)、チキン生肉(20%)とあり、不安な肉副産物は不使用です。
穀物不使用
低炭水化物/低アレルゲンか
犬が苦手な穀物は一切不使用です。
無添加
有害な人工添加物が含まれていないか
不使用。 天然のハーブやビタミンEが配合されており、これらが安全な酸化防止剤・防腐剤の役割をしています
価格
続けていける価格か
2kg 3,960円+税
採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
10/10点中

さらに、上の5項目に加えてチェックします。

↓↓↓

さらに気になる点をチェック(減点方式)
判定項目※ 判定 判定内容
不安な原材料はないか
その他 ミネラルバランスが悪い(カルシウムの比率が高すぎる)
最終採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
9/10点中 原材料の安心度など特に問題はありませんが、気になるのはカルシウムの比率が高いところ。股関節形成不全などの関節トラブルや、結石などの尿路疾患を引き起こす可能性が高くなります。

ネルソンズ:9/10点中

モグワンとネルソンズどちらがおすすめ?

ドッグヘルスアドバイザー解説

モグワンとネルソンズどちらがおすすめ

結論モグワンドッグフードのほうが総合的におすすめです

理由:モグワンとネルソンズどちらも原材料の安心度は変わりませんが、入っているものはモグワンの方が栄養価が高くより健康的な生活を送るためのサポート成分(ココナッツオイルや野菜果実など)が含まれています。またモグワンは低脂肪低カロリーが特徴で、日本のワンコにぴったりの栄養バランスと言えます。

対してネルソンズはカルシウムの比率が高いことが気になります。カルシウムを過剰摂取すると股関節形成不全や尿路結石などの症状を引き起こす可能性が高くなります。

比較してみると分かりやすいですね。
ネルソンズも良いフードですが、気になるのはカルシウムの量と粒の大きさ。

少しモグワンの方が高くなりますが、定期購入などの割引をうまく使えばもっとお安く続けることも可能です。

モグワンのお得な定期購入についてはこちら

モグワンは当サイトでもおすすめしている総合的にバランスのよく取れたフードになります。

・良質なフードを探しているが何がいいかわからない
・グレインフリーで低脂肪低カロリーなフードを探している
・食いつきも良いフードがいい

といった飼い主様には是非モグワンがおすすめです。

▼只今初回半額キャンペーン中▼

モグワンの公式HP
(正規販売サイト)へ

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)

最新記事 by だいず(ドッグヘルスアドバイザー) (全て見る)