ワイソン(WYSONG)アダルト ドッグフードの評価や原材料の安心度&口コミは?|ドッグヘルスアドバイザーが解説します

[出典:amazon.co.jp]
”動物本来の食事を再現した完全無添加フード”というコンセプトのアメリカの獣医学博士・医学博士であるDr.ワイソンが開発したフードになります。

シリーズ展開も豊富で、オリジナルシリーズ・穀物不使用シリーズ・澱粉粉不使用シリーズの展開があり、それぞれ子犬~シニアのステージ分けもあります。

今回はスタンダードなオリジナルシリーズの成犬用をみていきます。
ドッグヘルスアドバイザーとして評価します!ドッグフード選びのご参考にしてください。

【この記事もおすすめ】
⇒無添加ドッグフードおすすめランキング
⇒ドッグフード格付け一覧表

おすすめ度

おすすめ度は星2つ!

star3

こちらの採点内容はページ下部で詳しくご紹介します。

WYSONG(ワイソン)アダルト 商品情報

原産国

アメリカ

対象は?

成犬用(超小型犬~大型犬まで)

原材料

好ましくない部分は青文字で表しています。

鶏、 鶏肉ミール、玄米、挽割オート、ターキーミール 、 えんどう豆、鶏脂肪 (ミックストコフェロールで保存)、亜麻仁、 ビートパルプ 、卵、モンモリロナイトクレイ、カニ肉粉、チキン・フィッシュのナチュラルフレーバー、乳清、 ミネラル塩 、炭酸カルシウム、トマトポマス、カルシウム・プロピオン酸塩、有機大麦若葉の粉末、ブルーベリー、海草、ヨーグルト、クエン酸、アップルペクチン、フィッシュオイル、イーストエキス、ミックストコフェロール、ローズマリーエキス、チコリ根、植物繊維、イースト培養物、にんじん、セロリ、ビート、パセリ、レタス、クレソン、ほうれんそう、ミネラル類(塩化カリウム、亜鉛蛋白化合物、 硫酸亜鉛、硫酸鉄、鉄蛋白化合物、硫酸銅、 硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、マンガン蛋白化合物、銅蛋白化合物、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(アスコルビン酸(ビタミンC源)、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンD3、リボフラビン、ビオチン、ビタミンB12、 メナジオン・ナトリウム重亜硫酸塩複合体(ビタミンK活性源)、塩酸ピリドキシン、 チアミン硝酸塩、葉酸)、乾燥バチルス・リケニフォルミス発酵産物、乾燥麹菌発酵産物、乾燥黒麹菌発酵産物、乾燥発フェシウム乳酸菌発酵産物、乾燥乳酸桿菌発酵産物、乾燥アシドフィルス乳酸菌発酵産物, 乾燥枯草菌発酵産物, 乾燥プランタラム乳酸菌発酵産物、乾燥ラクティス乳酸菌発酵産物、ペッパー

気になる原材料

・鶏肉ミールなどのミール系原材料
・玄米、挽割オート(穀物)
・ビートパルプ
・ミネラル塩(塩)

ミール

・鶏肉ミールなどのミール系原材料

ミールとか言われたらお肉なのかな?って思ってしまいますが実態はかなり粗悪なものです。

この粉は、脂肪から油を作る工程(レンダリング)から生まれます。
ペットフードに多く使用されている肉粉は直接食用にできない脂肪に熱を加えて溶かして油を作る工程でできた最後の残りカスです。

この食用にできない部分には「食肉処理場に運ばれる途中で死んでしまった動物」「糞尿」「安楽死したペット」なども含まれているケースがあります。 (参考文献:「食べさせてはいけないペットフードの恐ろしいはなし」78頁より)

ただし良質な肉のみを粉にしているメーカーもありますので、ミール=絶対に粗悪なもの!と決めつけるのも極端な判断だと思います。

こちらのフードも「副産物不使用」とありますので、上記のような安価なフードにみられる低品質な原材料ではないかと思います。

しかしながら粉にするということは、ある程度高音で調理されますので生肉に比べると栄養価が崩れやすいため、〇〇ミールの表記は避けたい原材料です。

穀物

・玄米、挽割オート(穀物)

犬は穀物が苦手です。
なぜ苦手か?それには2つの理由があります。

(1)穀物は犬のアレルギーを起こしやすい

最近本当にこのアレルギーで悩むワンコは多いのです。。。

穀物(トウモロコシや小麦)はアレルゲンになりやすいとされています。
それにもかかわらず加工のしやすさ、またコスト削減のために「かさ増し」のために
多くのドッグフードではこの穀物が使用されています。

私の愛犬も謎のお腹の湿疹からの痒みの症状で悩んでおりましたが
グレインフリーに切り替えたことで症状が改善しました。

だたしこのフードには一番アレルゲンになりやすいとされる「小麦(グルテン)」は含みません。
=グルテンフリーです

(2)犬は穀物を完全に消化できない

詳しく解説すると

  • 犬の唾液には「アミラーゼ」と呼ばれる、でんぷん質の炭水化物を分解する酵素が含まません
  • 消化器官が草食動物に比べ短いため穀物をうまく消化することができません

つまり完全に消化されず、うんちとして出てきます。=ウンチの量が増える!

ずっと食べ続けることによって肥満や糖尿病、消化器官の異常や、アレルギーといった病気のリスクに繋がるため
ワンコの健康のためにグレインフリーを選びましょう。

ビートパルプ

これは犬のうんちを固める(=良いウンチ出ますよアピール)目的です。

ビートパルプとは
サトウダイコン(甜菜)から砂糖を抽出した後に残ったカスのことです。
なぜビートパルプが危険なのか?

砂糖を抽出する方法として硫酸系の薬剤が使用されており、その残留が危惧されるからです。

また本来の愛犬のウンチの調子がわかりにくくなるという問題点もあります。

犬は人ほど汗を大量にかかないため、汗と一緒に流れてでしまう塩分が少なく、さほど多くの塩分摂取は必要としません
もともと獲物の体液を舐める程度で十分な塩分補給をしてきた動物なのです。

原材料に含まれている塩分以外にも、わざわざ塩分を添加しているフードを食べることで過剰摂取となります。

これは「食いつき」をよくするために添加されている「塩」ですので、良質な肉を使用したフードであれば本来必要のないものです。

また塩分を摂りすぎると人間同様、高血圧や心臓病のリスクが高くなります

栄養成分

粗蛋白質 28.0%以上、粗脂肪 14.0%以上、粗繊維 5.0%以下、水分 10.0%以下

価格は?

2.27kg:5200円(税抜)
1kg当たり⇒2290円

WYSONG(ワイソン)アダルト を採点評価

判定項目※ 判定 判定内容
高タンパク
原材料にタンパク質源である「肉」が1番目に表記されているか
鶏が1番目にきています
肉副産物不使用
人間でも食べられる品質か(副産物✕/肉粉✕)
ミール系原材料あり ただし副産物不使用とあるため〇
穀物不使用
低炭水化物/低アレルゲンか
玄米、挽割オート
無添加
有害な人工添加物が含まれていないか
不使用 ミックストコフェロールで保存
価格
続けていける価格か
2.27kg:5200円(税抜)
採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
4/10点中 ↓最終判定↓

ドッグフード選びに大切な5つのポイントを判定項目にしています

↓↓↓

さらに、上の5項目に加えて気になる点をチェックします。
気になる点があれば減点方式として判定します。

↓↓↓

さらに気になる点をチェック(減点方式)
判定項目※ 判定 判定内容
不安な原材料はないか ×(-1点) ビートパルプ・塩
その他
最終採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
3/10点中 穀物の割合が高く、ミール系原材料や危険なビートパルプ、不必要な塩が入っているためマイナス

WYSONG(ワイソン)アダルト の口コミ・評判は?

  • お腹の弱いこ子ですが、このフードにして調子がいいので、リピートします。
  • ドックフードの好き嫌いがある中で、ワイソングは喜んで食べてくれます。
    便の状態もとても良いので気に入ってます。
  • 我が家の愛犬はこのごはんで快食快便、病気知らずです。
    便も尿もそんなに臭くないです。
  • ワイソングは完全密封パックなので、とても安心感があって良いです
  • 涙目で目の下が濡れていた我が家のチワワですが、以前ワイソンに変えて三日くらいで目の下が乾いているようになりました。

WYSONG(ワイソン)アダルト 分析まとめ

以上、WYSONG(ワイソン)アダルト の分析でした。

穀物の割合が高く、ミール系原材料&ビートパルプ&塩という気になる原材料もあるためマイナスとなりました。

違うシリーズでグレインフリーの商品もあるようですが、さらに値段が上がって2.27kgで6,210円と高いです。。。

正直この値段を出すのであればお肉メインの無添加&穀物不使用のフードをおすすめします。

例えば当サイトでもおすすめしているカナガンドッグフードなら、お肉メインで穀物不使用・無添加で2kg3,980円とお手頃価格です。小粒タイプの全年齢対応フードですので一度試してみる価値のあるフードです。
カナガンドッグフードの商品詳細&採点記事はこちら

【あわせて読みたい】
当サイトではドッグヘルスアドバイザーが、巷にあふれる50種類以上のドッグフードを格付けで一覧にしております。
原材料や価格などの同じ基準で評価することで、良いか悪いかが一目でわかる一覧表です。↓愛犬の食事選びのご参考にしてください↓

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。