ネイチャーズバラエティ(Nature’s Variety)ドッグフードの評価や原材料の安心度&口コミは?|ドッグヘルスアドバイザーが解説します

[出典:amazon.co.jp]

ネイチャーズバラエティの商品は、インスティンクト(本能)という名のシリーズで構成されているように、肉食動物の食事としてお肉メイン・穀物不使用のフードのアメリカのフードです。

ネイチャーズバラエティは自社工場で生肉を一切加熱せず、フレッシュなままでフリーズ加工しており、それを全てのドライフードの粒にコーティングされていることが特徴です。

さらに「フリーズドライ生肉の粒入り」のロウブーストシリーズ、肥満予防のヘルシーウェイトシリーズ、単一動物性たんぱく質のLID「成分限定食」シリーズに分かれます。
今回は「ロウブースト チキン&ラム」の内容をチェックします。

ドッグヘルスアドバイザーとして評価します!ドッグフード選びのご参考にしてください。

【この記事もおすすめ】
⇒無添加ドッグフードおすすめランキング
⇒ドッグフード格付け一覧表

おすすめ度

おすすめ度は星3つ!

star3

こちらの採点内容はページ下部で詳しくご紹介します。

ネイチャーズバラエティ インスティンクト ロウブースト チキン&ラム 商品情報

原産国

アメリカ

対象は?

全年齢対応(超小型犬~大型犬まで)

原材料

好ましくない部分は青文字で表しています。

チキンミール 、タピオカ、鶏脂肪(ミックストコフェロール、クエン酸で酸化防止)、パンプキンシード、天日干しアルファルファ粉、 メンハーデン魚ミール 、フリーズドライラム、モンモリロナイト、天然フレーバー、フリーズドライラムレバー、えんどう豆、フリーズドライラムキドニー、フリーズドライラムボーン、 、フリーズドライラムハート、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ナイアシン、D-パテントン酸カルシウム、Lアスコルビン酸ニポリリン酸エステル、チアミン硝酸塩、ピリドキシン塩酸塩、リボフラビン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12)、ニンジン、塩化コリン、ミネラル類(亜鉛*、鉄*、銅*、マンガン*、エチレンジアミンヨウ化二水酸塩、亜セレン酸ナトリウム*)、りんご、バターナットカボチャ、さつまいも、フリーズドライチキン(フリーズドライ粗挽チキンボーン含む)、フリーズドライターキー、フリーズドライターキーレバー、フリーズドライターキーハート、イースト酵母、エンテロコッカスフェシウム発酵乾燥製品、アシドフィルス菌発酵乾燥製品、乾燥アスペルギルス発酵抽出物、乾燥トリコデルマ・ロンギブラチアタム発酵抽出物、乾燥バチルス・サブティリス発酵抽出物、ローズマリーエキス、亜麻仁粉、乾燥昆布、ブロッコリー、サーモンオイル、リンゴ酢、乾燥チコリー根、ブルーベリー *アミノ酸キレート化

気になる原材料

・チキンミール他ミール系原材料
・塩

ミール

・チキンミール他ミール系原材料

ミールとか言われたらお肉なのかな?って思ってしまいますが実態はかなり粗悪なものです。

この粉は、脂肪から油を作る工程(レンダリング)から生まれます。
ペットフードに多く使用されている肉粉は直接食用にできない脂肪に熱を加えて溶かして油を作る工程でできた最後の残りカスです。

この食用にできない部分には「食肉処理場に運ばれる途中で死んでしまった動物」「糞尿」「安楽死したペット」なども含まれているケースがあります。 (参考文献:「食べさせてはいけないペットフードの恐ろしいはなし」78頁より)

ただし良質な肉のみを粉にしているメーカーもありますので、ミール=絶対に粗悪なもの!と決めつけるのも極端な判断だと思います。

しかしながら粉にするということは、ある程度高音で調理されますので生肉に比べると栄養価が崩れやすいため、〇〇ミールの表記は避けたい原材料です。

犬は人ほど汗を大量にかかないため、汗と一緒に流れてでしまう塩分が少なく、さほど多くの塩分摂取は必要としません
もともと獲物の体液を舐める程度で十分な塩分補給をしてきた動物なのです。

原材料に含まれている塩分以外にも、わざわざ塩分を添加しているフードを食べることで過剰摂取となります。

これは「食いつき」をよくするために添加されている「塩」ですので、良質な肉を使用したフードであれば本来必要のないものです。

また塩分を摂りすぎると人間同様、高血圧や心臓病のリスクが高くなります

栄養成分

粗タンパク質 38.0%以上、粗脂質 18.0%以上、粗繊維 4.0%以下、粗灰分 13.0%以下、水分 10.0%以下

価格は?

1.58kg:4400円(税抜)
1kg当たり⇒2784円

ネイチャーズバラエティ インスティンクト ロウブースト チキン&ラム を採点評価

判定項目※ 判定 判定内容
高タンパク
原材料にタンパク質源である「肉」が1番目に表記されているか
チキンが1番目にきています
肉副産物不使用
人間でも食べられる品質か(副産物✕/肉粉✕)
× ミール系原材料あり
穀物不使用
低炭水化物/低アレルゲンか
不使用
無添加
有害な人工添加物が含まれていないか
不使用  ミックストコフェロール、クエン酸で酸化防止
価格
続けていける価格か
1.58kg:4400円(税抜)
採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
5/10点中 ↓最終判定↓

ドッグフード選びに大切な5つのポイントを判定項目にしています

↓↓↓

さらに、上の5項目に加えて気になる点をチェックします。
気になる点があれば減点方式として判定します。

↓↓↓

さらに気になる点をチェック(減点方式)
判定項目※ 判定 判定内容
不安な原材料はないか ×(-1点)
その他
最終採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
4/10点中 ミール系原材料と塩が入っているためマイナス

ネイチャーズバラエティ インスティンクト ロウブースト チキン&ラム の口コミ・評判は?

  • 歯の生え変わり時期ですが、小粒で食べやすそうです。
  • このフードは 美味しいようで 食いつきが全く違います!
  • 食べムラが激しかったのですが、食べます。ムラがなくなったわけではありませんが、前のご飯より食いつきが違います。
  • 普段から食べムラのある子なのでご飯選びは苦労しますが、フリーズドライのお肉も入ってるからなのかちゃんと食べてくれました。
  • やっぱり美味しいみたいです。
    モリモリ食べます。

ネイチャーズバラエティ インスティンクト ロウブースト チキン&ラム 分析まとめ

以上、ネイチャーズバラエティ インスティンクト ロウブースト チキン&ラム の分析でした。

気になる原材料としてミール系原材料があります。

ミール=絶対に粗悪な原材料!

と決めつけるのは極端な判断です。高品質なものを粉にして製造しているメーカーもあります。ただ高品質な原材料であれば「副産物は不使用」や「人間でも食べられる=ヒューマングレード」といった説明があるはずですがこのフードにはありません。だから正直グレーです。

少なくともミールは高温で調理されるため、生肉に比べると栄養価が壊れてしまっている可能性が高いです。

口コミを見ると「食いつきの良さ」に定評があるようです。
理由→フリーズドライされた生肉が入っているから

という理由も大きいですが、調味料としての「塩」が入っている点も理由として考えられます。

ドッグフードに塩は必要ありません。
これは食いつきをよくするために味付けとして入っています。犬は人間ほど塩分を必要としませんので塩分の過剰摂取になりがちです。

小型犬だと心臓病のリスクもありますので、塩分が含まれるフードを毎日与えるのはおすすめできません。

食いつきの良い安全なフードならカナガン

もし食いつきが良い安全なフードを探されているようであれば是非おすすめしたいのがイギリスの穀物不使用のフード「カナガンドッグフード」です。チキンの生肉がたっぷり入っておりモニター調査で100%の犬が食べたという実績があります。もちろんミールや塩など危険な原材料や添加物は一切不使用のフードですのでおすすめです◎
カナガンドッグフードの商品詳細&採点記事はこちら

【あわせて読みたい】
当サイトではドッグヘルスアドバイザーが、巷にあふれる50種類以上のドッグフードを格付けで一覧にしております。
原材料や価格などの同じ基準で評価することで、良いか悪いかが一目でわかる一覧表です。↓愛犬の食事選びのご参考にしてください↓

【人気の無添加ドッグフードが100円!】

モグワン100円キャンペーンの詳細はこちら(公式サイト)

当サイトおすすめ1位!モグワンドッグフードの100円お試しキャンペーンが開始しました(100g)。是非評判の食いつきをお得に体感してみてください。毎月先着1000名ですのでお早めにどうぞ。

モグワンドッグフードについて分析した記事はこちら

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。