ケイナインキャビア(Canine Caviar)ドッグフードの評価や原材料の安心度&口コミは?|ドッグヘルスアドバイザーが解説します


[出典:amazon.co.jp]
ケイナインキャビアは予防医学を取り入れたアルカリ性のドッグフードになります。

日本ではまだまだ知名度は低いですね。
ラインナップはベニソン肉と鴨肉、ニシンの3種類+パピー用(鶏肉)があります。
今回はベニソンを例に詳しく見ていきたいと思います。

ドッグヘルスアドバイザーとして評価します!ドッグフード選びのご参考にしてください。

【この記事もおすすめ】
⇒無添加ドッグフードおすすめランキング
⇒ドッグフード格付け一覧表

おすすめ度

おすすめ度は星3つ!

star3

こちらの採点内容はページ下部で詳しくご紹介します。

ケイナインキャビア ウィルダネス・ベニソン商品情報

原産国

アメリカ

対象は?

全年齢対応(超小型犬~大型犬まで)

原材料

好ましくない部分は青文字で表しています。

鹿肉ミール、乾燥エンドウ、ラム脂肪(酸化防止剤としてミックストコフェロールを使用)、ココナッツ、天日干しアルファルファ、ココナッツオイル、天日干しケルプ、ラクドバチルス・アシドフィルス発酵培地、塩化ナトリウム、レシチン、塩化コリン、フラクトオリゴ糖、蛋白質化合カリウム、コロハ、ペパーミント、タウリン、蛋白質化合亜鉛、パパイヤ、ローズヒップ、ユッカシディゲラエキス、アニスオイル、タイムオイル、蛋白質化合マンガン、ベータカロチン、ビタミンD3、ビオチン、セレン、ビタミンB2,B1,B6,B12、葉酸

気になる原材料

・鹿肉ミール

ミール

・鹿肉ミール

ミールとか言われたらお肉なのかな?って思ってしまいますが実態はかなり粗悪なものです。

この粉は、脂肪から油を作る工程(レンダリング)から生まれます。
ペットフードに多く使用されている肉粉は直接食用にできない脂肪に熱を加えて溶かして油を作る工程でできた最後の残りカスです。

この食用にできない部分には「食肉処理場に運ばれる途中で死んでしまった動物」「糞尿」「安楽死したペット」なども含まれているケースがあります。 (参考文献:「食べさせてはいけないペットフードの恐ろしいはなし」78頁より)

ただし良質な肉のみを粉にしているメーカーもありますので、ミール=絶対に粗悪なもの!と決めつけるのも極端な判断だと思います。

一応このフードの公式サイトには”ヒューマングレードのお肉”とありますので、安価なフードに入っている上記のような低品質なものではないと思います。

しかしながら粉にするということは、ある程度高音で調理されますので生肉に比べると栄養価が崩れやすいため、〇〇ミールの表記は避けたい原材料です。

栄養成分

粗たん白質 27.0%以上、粗脂肪 17.0%以上、粗繊維 5.9%以下、粗灰分 8.5%以下、水分 8.0%以下

カロリーが100グラムあたり500kcalとかなり高め

価格は?

1kg:2100円(税抜)
1kg当たり⇒2100円

ケイナインキャビア ウィルダネス・ベニソンを採点評価

判定項目※ 判定 判定内容
高タンパク
原材料にタンパク質源である「肉」が1番目に表記されているか
鹿肉がメインです
肉副産物不使用
人間でも食べられる品質か(副産物✕/肉粉✕)
ミール系原材料あり ただしヒューマングレードのお肉と記載があるため△
穀物不使用
低炭水化物/低アレルゲンか
不使用
無添加
有害な人工添加物が含まれていないか
不使用 酸化防止剤としてミックストコフェロールを使用
価格
続けていける価格か
1kg:2100円(税抜)
採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
7/10点中 ↓最終判定↓

ドッグフード選びに大切な5つのポイントを判定項目にしています

↓↓↓

さらに、上の5項目に加えて気になる点をチェックします。
気になる点があれば減点方式として判定します。

↓↓↓

さらに気になる点をチェック(減点方式)
判定項目※ 判定 判定内容
不安な原材料はないか
その他 カロリーがかなり高め
最終採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
6/10点中 穀物不使用でお肉メインと一件良いフードに見えますが、ミール系原材料が使用されている点、カロリーが高い点、またお値段も少し高い点で減点

ケイナインキャビア ウィルダネス・ベニソンの口コミ・評判は?

  • 涙やけが少なく、食いつきも良かったのでリピート購入です。
  • アレルギー反応を起こす食物が入っておらず安心して与えられそうなケーナインキャビアにたどり着きました!
    このフードを食べるようになってから痒みもあまり起こっていません。
  • このフードに変えてから、以前より毛艶が良くなりました。
  • 匂いはありますが、それほど嫌なにおいでかないです。
  • 粒の大きさは中型犬からすると少し小さい?かもしれません。

ケイナインキャビア ウィルダネス・ベニソン分析まとめ

以上、ケイナインキャビア ウィルダネス・ベニソンの分析でした。

グレインフリーで高タンパク・低炭水化物のフードになります。
お肉にミールが使用されていることが少し気になりますが、「ヒューマングレードのお肉」と明記されているため安価なフードにみられる副産物やなんでも混ぜちゃえ!のような低品質なものではないと思います。

また今話題のココナッツオイルが配合されている点は良いですね。
ココナッツオイルは「Tree of Life -命の木-」と呼ばれるほどの驚きのパワーを秘めた果実です。飽和脂肪酸が90%を占めており、オイルに含まれるラウリン酸は、様々な微生物 に対して抗菌作用があり、免疫力UPに重要な役割を果たします。 さらに中鎖脂肪酸も豊富なため消化吸収および代謝が早いといった特徴を持っています。

最近このココナッツオイルが配合されているフードが増えてきていますね。

ただ気になる点として
・カロリーが高い
・値段が高い

が挙げられます。

正直この値段を出すのであれば・・・

正直この値段を出すのであれば、同程度のクオリティーでもう少しお手頃価格のものがありますので、ぜひそちらも含めてご検討してみてはいかがでしょうか?

例えば当サイトでおすすめしているモグワンドッグフードならココナッツオイル配合で無添加グレインフリーで1キロあたり1,991円[定期購入の場合]です。モグワンの詳細はこちら>>

【あわせて読みたい】
当サイトではドッグヘルスアドバイザーが、巷にあふれる50種類以上のドッグフードを格付けで一覧にしております。
原材料や価格などの同じ基準で評価することで、良いか悪いかが一目でわかる一覧表です。↓愛犬の食事選びのご参考にしてください↓

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。