カナガンとナチュラルドッグフード比較【口コミ・原材料・価格など】おすすめはどっち?|ドッグヘルスアドバイザーが解説

カナガン ナチュラルドッグフード 比較 口コミ

こんにちは。ドッグヘルスアドバイザーのだいずです。

どちらもイギリスの無添加ドッグフードとして有名なカナガンとナチュラルドッグフード。

実は輸入販売元も同じです(株式会社レティシアン)ので
同じショッピングページから一緒に購入する事も可能です。

この2つのフードで悩まれる方も多いと思いますので、いろいろな角度から比較したいと思います。

原材料の安心度、粒の大きさ、1食あたりの価格など詳しくみていきたいと思います。

原産国

カナガン:イギリス
ナチュラルドッグフード:イギリス

対象年齢/犬種

カナガン: オールステージステージ(生後2か月~シニアまで)/ 全犬種用
ナチュラルドッグフード: 生後7ヵ月以上の成犬/全犬種

カナガンは子犬(生後2か月)から対象なのに対してナチュラルドッグフードは生後7か月以上からです。

原材料比較

※気になる原材料があれば青文字で表記します。

原材料
カナガン 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ
ナチュラルドッグフード 生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母

どちらも第一原材料=メインがお肉!です。

・カナガンはチキンの生肉26%+乾燥チキン25%!
・ナチュラルドッグフードはラム生肉55%!

カナガンの気になる原材料は?

特になし

ナチュラルドッグフードの気になる原材料は?

・穀物(玄米、全粒大麦、全粒オーツ麦)

犬にとって穀物は消化が完全にできず、またアレルギーを引き起こしやすいといわれています。

肉食動物である犬は草食動物を仕留めて丸ごと食べていたため、草食動物が食べた植物も一緒に栄養として取り込んでいたという考えから穀物も入っています。

本来犬にとって穀物は消化が悪くアレルギーの原因にもなりますが、
このナチュラルドッグフードに入っている穀物は粗悪な小麦やとうもろこしといったものではなく、全粒のものですので消化率が高く
良質なビタミンやミネラル食物繊維を含んでいるといえます。

また一番アレルゲンになりやすい小麦は入っていないためグルテンフリーのフードにはなります◎

市販フードでよくある「かさまし」のための小麦やとうもろこしといった穀物ではないため
それほど危険なものではありません。

では栄養成分は??

栄養成分比較

栄養成分
カナガン 粗タンパク質 : 33.00%
脂質 : 17.00%
粗灰分 : 9.00%
粗繊維 : 3.50%
水分 : 8.50%
オメガ6脂肪酸 : 2.80%
オメガ3脂肪酸 : 0.90%
リン : 1.42%
マグネシウム : 0.10%
ナトリウム : 0.24%
カルシウム : 1.86%
カリウム : 0.58%
エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal
ナチュラルドッグフード 粗タンパク質: 20.00%
脂質: 12.5%
粗灰分: 7.0%
粗繊維: 6.00%
水分: 8.00%
オメガ6脂肪酸: 3.44%
オメガ3脂肪酸: 1.51%
リン: 1.37%
マグネシウム: 0.19%
ナトリウム: 0.23%
カルシウム: 0.84%
カリウム: 0.51%
エネルギー(100gあたり)/339kcal

カナガンは穀物が入っていない分、お肉メインのフードになります。
そのためタンパク質量が高くなります。

犬にとって一番大切な栄養素がタンパク質となります。
タンパク質が足りないと皮膚や毛艶などにまずダイレクトに影響します。
その後、体全体の免疫低下などを引き起こし病気になりやすくなります。

ここで大切なのがタンパク質の質です。
肉食動物の犬にとって小麦やとうもろこしなどといった穀物の植物性たんぱく質よりも
肉や魚などの動物性たんぱく質のほうが消化吸収しやすい体になっています。

ドッグフード選びの際はタンパク質量、そしてそのタンパク源(良質な肉か)などもチェックしましょう。

ナチュラルドッグフードは少し低めになっていますので
タンパク質を多く必要とする子犬期は対象とならないのは、この理由ですね。

低すぎるわけではありませんが・・・
できれば23%以上のタンパク質が理想です。

価格の比較

ちなみに1日あたりの価格は我が家のポメラニアン(4キロ)の給餌量で測った時の価格です。
※給餌量はそれぞれ公式サイトの数値を参考にしています

価格 1kg当たりの価格 1日当たりの価格※
カナガン 2kg:3,584円(税抜)※定期購入の場合 1,782円 (税抜) 89.1円(1日50g)
ナチュラルドッグフード 2kg:3,584円(税抜)※定期購入の場合 1,782円 (税抜) 116円(1日65g)

1袋(2kg)の価格は同じですが、1食あたりの価格はカナガンの方が安いという結果になりました。

給与量はあくまで個体差がありますが、うちのポメラニアン4キロでの公式サイト下限量での比較です。

カナガンは穀物不使用。
ナチュラルドッグフードは穀物あり。

カナガンはお肉の割合が高いため1粒あたりの栄養価が高いということですね。

カナガンなどのグレインフリー&肉メインのフードは1粒あたりの栄養価がとても高いので 今までと同じ量を与えていると与えすぎ(下痢や軟便になったり)になりますので、注意しましょう。

カナガン・ナチュラルドッグフードは購入方法によってさらに安くなる?

カナガン・ナチュラルドッグフードは同じ販売元で、どちらも通販限定です。

またどちらも通常購入と定期購入の2種類の購入方法から選べます。

通常購入は1回きり。定期購入は個数と時期を予め設定しておいて継続して届けてくれる方法です。

この定期購入やまとめ買いをすると最大20%オフが受けられます◎

ドッグフードはずっと買うものですので、安く買えて重いフードを玄関まで運んでくれるのは有難いですね。

カナガンの定期購入&まとめ買いについて詳しくみる【公式】>>

ナチュラルドッグフードの定期購入&まとめ買いについて詳しくみる【公式】

販売店の比較

ではどこで購入できるのでしょうか??

販売店 公式サイト
カナガン 公式サイトからのみ

公式サイト

ナチュラルドッグフード 公式サイトからのみ

公式サイト

どちらも公式サイトからのみの通販のため少し不便に感じる方もいるかもしれません。

ですが慣れてしまえば重いドッグフードを玄関まで運んでくれますし、定期購入コースに登録すれば買い忘れも防げますので便利な点も多いです◎

口コミの比較

実際の口コミはどんなの??

カナガンの口コミ評価

公式サイトや実際に使用された個人ブログ、アマゾンの評価をまとめました。

生まれながらの偏食の子で、いつも手づくりフードを与えていたので、カナガンも無理かな?と思いましたが、袋を開けた途端食べ始めたのにはびっくりしました。
トイプードル(6歳)

好き嫌いが多い子ですが、カナガンは美味しいみたいです。2年続けていますが毎日喜んで食べています。
ミニチュアダックス(11歳)

カナガンを与えてからベスト体重になり、ずっと維持しております。
ミニチュアダックス(11歳)

ウンチの回数が半数に減りました。朝晩のフードを食べた直後にしてくれるので管理もしやすく衛生的です ポメラニアン(2歳)

食べさせたら、トイプードルの毛艶がよくなったので、続けたいと思いました 。
犬種不明

うんちの変化、毛艶の変化など良質なフードに切り替えた際の典型的な口コミが多いように感じます。

特徴的なのは食いつきの良さ。

公式サイトの100%食べた!というコピーはどこまで本当なのか分かりませんが、
いろいろなドッグフードを比較してきた中で、やはり食いつきの良さに特徴があります。

しかしながらそれは「ナチュラルなドッグフードの中で」という条件です。

中には「カナガンを食べなかった」という口コミもあります。
添加物べったりの味の濃いフードに慣れている偏食ワンコは頑固ですので最初は好き嫌いをしがちです。

でもそんな子もそのうち諦めて本当的に美味しさに気付いて食べてくれるようになるというところが
カナガンの食いつきの良さの底力と言えます。

やっぱりぼくたちは基本的にお肉がすきだからねーーカナガンはお肉たっぷり!

ナチュラルドッグフードの口コミ評価

ビーフやチキンがアレルギーなので、ラム肉で安心できるものを探していたらこちらに出会いました。おかげさまでフードも落ち着き毎日元気に過ごせています。

食の細かったいくらですがナチュラルドッグフードはぺろっと食べてくれます。
ご飯の時間を楽しみにしてくれていて私もすごくうれしいです。
ナチュラルドッグフードと出会えてよかったです!

ずっと涙焼けに悩んでいました。
プードルだからしょうがない…と思っていましたがご飯でこんなにも変わるなんて!と驚きです

まだ赤ちゃんワンコのときに我が家にやってきた彼女も、あっという間に7歳に。
これからますます健康を気遣ってあげたくて、獣医さんに勧められたナチュラルドッグフードを使い始めました。
やっぱり女の子なので、いつまでもツヤツヤの毛並みをキープしてあげたいと思います!

アランズ ナチュラルドッグフードに換えて一番変わったのは、うんちの質です。
もともと胃腸の弱い体質みたいでして、ゆるめのうんちでしたが、今では手に持てる程の固さに変わり、お尻にもほとんど付きません!
以前はうんちの度に肛門周りが汚れていましたが、今は全くありません

目立ったのが、他のお肉のアレルギーのワンコです。

チキンやビーフなどでアレルギーの症状が出てしまったワンコにはラム肉がおすすめです。
添加物を一切使用しないフードですので、本国のイギリスでは処方食としても使用されています。

ワンちゃんの体調や症状にもよりますが、アランズ ナチュラルドッグフードが作られている本国イギリスでは、処方食の代わりとして食べているわんちゃんもいます。処方食から切り替える際には、必ず獣医さんに相談してください。公式サイトより

原材料の安心度・おすすめ度を総合判定

ここまで見てきたそれぞれのドッグフードの特徴をまとめてみたいとおもいます。

まず当サイトでドッグフード選びのポイントとして挙げている5つのポイントで比較します。

ドッグフード選びに大切な5つのポイントはこちら

カナガンの総合判定

判定項目※ 判定 判定内容
高タンパク
原材料にタンパク質源である「肉」が1番目に表記されているか
「骨抜きチキン生肉26%」が一番目にきています。また栄養成分のタンパク質も33%とトップクラスの高タンパクです。
肉副産物不使用
人間でも食べられる品質か(副産物✕/肉粉✕)

生肉を贅沢に使用し肉副産物は一切不使用。公式ページや袋にも堂々と「人間でも食べられる」との表記があります。

穀物不使用
低炭水化物/低アレルゲンか
穀物一切不使用のグレインフリーで、アレルギーを引き起こしにくいと公式サイトにも表記があります。
無添加
有害な人工添加物が含まれていないか

人工添加物は不使用です。保存料は人間の食品でもよく使用される天然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)を使用しており安心です。着色料は勿論不使用。

価格
続けていける価格か

1kg当たり⇒1,782円+税で、同様の良質なプレミアムフードの中ではお手頃です。コスパも良いのがうれしい。

採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
10/10点中 愛犬家のクチコミで人気の商品だけあって流石の高評価です。当サイトでもオススメ1位とさせていただいています。

さらに、上の5項目に加えて気になる点をチェックします。
気になる点があれば減点方式として判定します。

↓↓↓

さらに気になる点をチェック(減点方式)
判定項目※ 判定 判定内容
不安な原材料はないか
その他
最終採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
10/10点中 原材料の安心度、栄養バランス、コスパと全て揃ったドッグフードです。私の愛犬も長年食べ続けていますが病気知らずで毎日ご機嫌です。毛艶のサポート成分(サーモンオイル)や関節のサポート成分(グルコサミン/コンドロイチン)などもしっかり配合されているのが嬉しいポイントですね。

カナガン:10/10点中

ナチュラルドッグフードの総合判定

判定項目※ 判定 判定内容
高タンパク
原材料にタンパク質源である「肉」が1番目に表記されているか
生ラム肉が55%とお肉たっぷりです
肉副産物不使用
人間でも食べられる品質か(副産物✕/肉粉✕)
不使用です。人間でも食べられる品質と堂々と記載があります
穀物不使用
低炭水化物/低アレルゲンか
× 穀物(玄米、全粒大麦、全粒オーツ麦)
無添加
有害な人工添加物が含まれていないか
原材料に含まれる天然のハーブの力で、フードの酸化を防止しています
価格
続けていける価格か
2kg:3960円(税抜)で比較的リーズナブルです
採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
7/10点中 ↓最終判定↓

さらに、上の5項目に加えて気になる点をチェックします。
気になる点があれば減点方式として判定します。

↓↓↓

さらに気になる点をチェック(減点方式)
判定項目※ 判定 判定内容
不安な原材料はないか
その他
最終採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
7/10点中 超シンプルなフードでイギリスでも処方食として使用されることもあります。穀物は入っていますが全粒のもので小麦やとうもころしは入っていませんのでアレルギー対応といえます。

ナチュラルドッグフード:7/10点中

カナガンの特徴

色々比較してきましたがここでそれぞれの特徴をまとめます!

カナガンの特徴

  • ◯高タンパク低炭水化物の肉食動物にとって理想の栄養バランス
  • ◯人口添加物不使用
  • ◯チキン生肉(平飼いチキン)がメイン
  • ◯小型犬や子犬も安心の小粒タイプ
  • ◯イギリスの国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得工場で製造し2度にわたる品質チェック(シリアル番号で管理)
  • ◯グレインフリーフードの中ではお手頃価格
  • ◯関節のサポート成分(グルコサミン・コンドロイチン)が入っている

  • △公式サイトのみでの販売

ナチュラルドッグフードの特徴

ナチュラルドッグフードの特徴

  • ◯原材料は11種類のみといった超シンプルフード
  • ◯100%無添加!ビタミンやミネラルなども原材料から摂取しようという自然給餌のコンセプト
  • ◯ラム肉のため、ほかのお肉にアレルギーのあるワンコにおすすめ

  • △穀物が使用されている
  • △公式サイトのみでの販売

まとめ〜どちらがおすすめ?〜

ドッグフード比較

以上、カナガンドッグフードとナチュラルドッグフードの比較でした。

おすすめは「カナガンドッグフード」

どちらも犬にとって危険な原材料は含まず人口添加物も無添加の安心フードですが
敢えてこの2つで選ぶとしたらカナガンをお薦めします。

カナガンをおすすめする理由

  • 穀物不使用だから消化率が高い
  • 穀物不使用だからアレルギーを引き起こしにくい
  • 穀物不使用だから肉の割合が高く、1粒あたりの栄養価が高い=コスパが良い

ナチュラルドッグフードで使用されている穀物は小麦やとうもろこしといった粗悪なものではなく
ビタミンやミネラルを豊富に含んだ全粒のものになりますので危険なものではありません。

ただやはり犬は穀物を完全に消化できません。
私の愛犬も以前まで湿疹などの症状がありましたが、穀物アレルギーのワンコは実は多いのです。

穀物不使用のフードはお肉をたっぷり使用しているため
どうしても値段が上がりますが、カナガンは比較的お手頃価格でコスパが抜群にいいためおすすめです。

勿論カナガンにもワンコとの相性があると思いますので最初は1袋だけ購入する「通常コース」をおすすめします。
ワンコに合えば定期コースのほうがお得です。自信を持っておすすめできるフードです。

1袋試せば愛犬の体の中からリセットされてどんどん良い変化があらわれてくると思います。

※カナガンドッグフードは公式サイトのみでの販売です

カナガンの公式サイト

ただナチュラルドッグフードもチキンやビーフのアレルギーのワンコにおすすめできる安心のフードです。原材料11種類というのは今まで見てきた中でも一番シンプルなフードだと思います。

100%の無添加が良い!手作りみたいなフードが良い!という方にはおすすめです。

ナチュラルドッグフードの公式サイト

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)

最新記事 by だいず(ドッグヘルスアドバイザー) (全て見る)