無添加ドッグフードで小粒のおすすめランキング | 小型犬や早食いワンコに!人気のフードをまとめてご紹介します

77527c30fcfb6f19169eb178589678fa_s
こんにちは。ドッグヘルスアドバイザーのだいずです。

ドッグフードを選ぶ際、原材料の安心感や値段ももちろん大切ですが
小型犬や早食いワンコにとって粒の大きさも重要です。

今回は
・原材料の安心感
・値段(コスパ)
・粒の大きさ

この3つでバランスの取れている人口添加物無添加のフードをいくつかご紹介したいと思います。

侮れない!ドッグフードによる窒息死

基本的にドッグフードは丸呑みしても大丈夫なように出来ていると聞いたことがあります。

しかし残念なことに現在もなお、フードを詰まらせて窒息死するケースはあります。
特に口の小さい小型犬や早食いワンコは危険です。

犬は猫と違い「ガツガツ」食べます。
そのためあまりに早食いの子であれば胃に到達するまでに食道で詰まり、その上で水分が加わると膨張して
閉塞=窒息死の事故に繋がるのです。

丸呑みした時は大丈夫でも後から膨張して急変することもありますので
フードの形状はしっかり考えないといけません。

円柱状(ペレット型)が危険

危険なドッグフードの原材料一覧
口のサイズに合わない大粒サイズはもちろん危険ですが、
実は形状にも危険が隠れています。

ドッグフードの形状は様々です。
丸いドーナツ型や、平べったい丸型、三角など・・・

その中でも円柱状のペレット型と呼ばれる形状は危険です。

コストダウンを第一に考えているペットフードにありがちな形です。押出機があれば簡単に作れる形のため
数多くの安いフードでも採用されています。

ペレット型は接触面が広くなるため詰まりやすいとされています。
(参考:「ペットフードの危ない話」著者 押川 亮一 116頁)

アボダーム ターキー粒の大きさ

良質なフードとして有名なアボダームはこのペレット状で
高さがかなりあります。

小粒で平べったい接触面の少ない粒を選びましょう

小型犬や早食いワンコであれば、万が一丸呑みしても大丈夫なように
接触面が少ない小粒で平べったい形状を選びましょう。

小型犬や早食いワンコに!小粒でおすすめの無添加ドッグフードランキング

ドッグフードを選ぶ際には、もちろん原材料の安心度やコスパも大事です。

今回は

・原材料の安心感
・値段(コスパ)
・粒の大きさ

この3つでバランスの取れている人口添加物無添加のフードをランキング形式でご紹介します。

1位 カナガンドッグフード(イギリス)

カナガン 涙やけ おすすめ ドッグフード

おすすめ度:◎

イギリスのグレインフリー(穀物不使用)のフードで人工添加物不使用の安心フードです。
最近日本でも口コミ効果で愛用者が広がっています。

カナガンの粒の大きさ

カナガンの粒の大きさ


カナガンの粒の大きさ

直径:0.8〜1.2cm位
高さ:0.4cm位

特徴

  • 小粒(0.8~1.2㎝)の平べったいドーナツ型だから安心
  • お肉(チキン生肉)たっぷりだから食いつき抜群!
  • 穀物不使用だから消化にやさしい
  • 人口添加物不使用
  • 2kg 3,960円+税とグレインフリーの中ではお手頃価格

原材料

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

価格:通常 2kg 3,960円+税(定期 2kg 3,564円+税)

カナガンの商品詳細はこちら(公式)

良質なたんぱく質と関節サポート成分(グルコサミン・コンドロイチン)が配合されているため、
小型犬の関節ケアにもうれしいポイントです。

全犬種対応のドーナツ型小粒タイプなので、ずっと安心して与えられます。
原材料の安心感、コスパ、粒の大きさのバランスで総合的におすすめ1位のフードです。

※カナガンは公式サイトからのみの通販限定です。

カナガンの公式サイト

商品詳細&口コミページ

2位 モグワンドッグフード(イギリス)

4886032294346752

おすすめ度:○

こちらもカナガン同様のグレインフリーの人気フードです。

日本人が考えたレシピで、コンセプトは「手作り食」。
長年ナチュラルドッグフードの輸入品を取り扱ってきた日本の会社(株式会社レティシアン)が満を持して考案したオリジナルフードですね。

モグワンドッグフード粒の大きさ

モグワンの粒の大きさ


モグワンドッグフード粒の大きさ

直径:0.8〜1.2cm位
高さ:0.4cm位

特徴

  • 小粒(0.8~1.2㎝)の平べったいドーナツ型だから安心
  • お肉(チキン生肉)とサーモンたっぷり
  • 穀物不使用だから消化にやさしい
  • 人口添加物不使用
  • 1.8kg 3,960円+税(1位のカナガンと比べると少し割高ですがこの品質をみれば納得のコスパです)

原材料

チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン

価格:通常 1.8kg 3,960円+税(定期 1.8kg 3,564円+税)

モグワンの商品詳細はこちら(公式)

今まで手作り食をあげていたけど栄養が心配・・・
という方にもおすすめですね。

上のカナガンとの違いは「サーモン」がプラスされていることです。
お魚好きなワンちゃんにいかがですか??

カナガン同様、グルコサミン・コンドロイチンが配合されているため小型犬の関節にもうれしいポイントです。

※モグワンは公式サイトからのみの通販限定です。

▼只今初回半額キャンペーン中▼

モグワンの公式サイト

商品詳細&口コミページ

3位 ナチュラルバランス オリジナルウルトラ ホールボディヘルス 小粒(アメリカ)

ナチュラルバランス 評価 分析

おすすめ度:○

ナチュラルバランスはペットショップによく並んでいるので知名度も高いですね。
そして種類が多い!

一番ベーシックな(青い袋)の「オリジナルウルトラ ホールボディヘルス」には小粒タイプがあります。

アメリカで生まれたナチュラルバランスは、パートナーの間で増えているアレルギーへの対策も考慮し、専門家が研究を重ねて開発されたフードす。
その特徴として フードに30種類ものサプリメントが配合されていることが挙げられます。

17
16

直径:1cm位
高さ:0.3cm位

特徴

  • 小粒の平べったい<丸型だから安心/li>
  • オメガ3とオメガ6がバランス良く配合されており毛艶への良い口コミが多い
  • 穀物不使用ではないが一番アレルゲンになりやすい小麦は不使用(グルテンフリー)
  • 人口添加物不使用
  • 2.27kg 3402円 +税でお手頃価格

原材料

鶏肉、 玄米、オート麦、チキンミール 、ポテト、 ブリュワーズライス 、鶏脂肪(天然混合トコフェロールで酸化防止)、乾燥ニンジン、 ダックミール、サーモンミール 、豆ファイバー、オートファイバー、 自然風味 、トマト、亜麻仁、ブリュワーズドライイースト、ニシン油、 塩 、塩化カリウム、DL-メチオニン、塩化コリン、第二リン酸カルシウム、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸鉄、鉄アミノ酸キレート、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、亜セレン酸ナトリウム、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、Lアスコルビン2ポリフォスフェイト(ビタミンC)、L-トリプトファン、ビタミンE、ナイアシン、Dカルシウムパントテン酸塩、ビタミンA、リボフラビン、一硝酸チアミン、ビオチン、ビタミンB12、ピリドキシン塩酸塩、ビタミンD3、葉酸(ビタミンB)、天然混合トコフェロール、クエン酸、タウリン、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ほうれん草、L-リジン、乾燥ケルプ、乾燥ユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス

価格:2.27kg 3402円 (税抜)

ナチュラルバランスの商品詳細はこちら(公式)

ペットショップによく並んでおり、手に取りやすい価格なのでおすすめです。

原材料に「塩」が入っているため3位とさせてもらいました。
やはり小型犬には心臓病のリスクも考えないといけませんので。

ナチュラルバランスの公式サイト

商品詳細&口コミページ

まとめ

以上、小粒でおすすめドッグフードランキングでした。

丸呑みした直後は大丈夫でも、後から膨張して急変することもありますので
粒の大きさや形状は注意が必要です。

愛犬に合ったドッグフード選びの参考にしていただけると幸いです。

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。