アボダームの原材料の安心度や口コミの評価は?|ドッグヘルスドバイザーがおすすめ度を評価します

511eozlhyml
[出典:amazon.co.jp]

最近ペットショップでもよく見かける『アボダーム ドッグフードシリーズ』。
名前から連想できる通り「アボガド」が入っている事が特徴のドッグフードです。

勘の良い飼い主様ならお気づきかも知れませんが・・・アボガドは犬にとって危険な食べ物の一つです。

では アボダーム ドッグフードは与えても大丈夫なのでしょうか?

今回はこのアボダームシリーズの中でも穀物不使用の「 アボ・ダーム リボルビング メニュー 小粒 ターキー 」を例に安心度や口コミなど見ていきたいと思います。

ドッグフード選びのご参考にしてください。

【この記事もおすすめ】
⇒無添加ドッグフードおすすめランキング
⇒ドッグフード格付け一覧表

おすすめ度

おすすめ度は星3つ!

star3

こちらの採点内容はページ下部で詳しくご紹介します。

アボ・ダーム リボルビング メニュー商品情報

原産国

アメリカ 

対象は?

全成長段階

原材料&栄養成分チェック!

好ましくない部分は青文字で表しています。

原材料

ターキー、ターキーミール、ひよこ豆、えんどう豆、えんどう豆粉、鶏脂肪、アボカドミール、ナチュラルフレーバー、トマト繊維、乾燥ビートパルプ、亜麻仁、アルファルファミール、乾燥チコリー根、、塩化カリウム、海草、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンD3、ビオチン、葉酸)、ミネラル(硫酸亜鉛、アミノ酸亜鉛キレート、硫酸鉄、硫酸マンガン、アミノ酸マンガンキレート、硫酸銅、アミノ酸銅キレート、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アボカドオイル、サーモンオイル、レシチン、ユッカエキス、ローズマリーエキス、セージエキス、パイナップル、納豆菌発酵抽出物、アスペルギルス・オリゼー発酵抽出物

気になる原材料↓

ターキーミール

ミールとか言われたらお肉なのかな?って思ってしまいますが実態はかなり粗悪なものです。

この粉は、脂肪から油を作る工程(レンダリング)から生まれます。
ペットフードに多く使用されている肉粉は直接食用にできない脂肪に熱を加えて溶かして油を作る工程でできた最後の残りカスです。

この食用にできない部分には「食肉処理場に運ばれる途中で死んでしまった動物」「糞尿」「安楽死したペット」なども含まれているケースがあります。 (参考文献:「食べさせてはいけないペットフードの恐ろしいはなし」78頁より)

ただ良質な肉のみを粉にしているメーカーもありますので、ミール=絶対に粗悪なもの!と決めつけるのも極端な判断だと思います。
今回のアボダームは危険な添加物は使用せず穀物不使用にこだわっているフードですので後者だと思われます(値段も高いですしね)

しかしながら粉にするということは、ある程度高音で調理されますので生肉に比べると栄養価が崩れやすいため、〇〇ミールの表記は避けたい原材料です。

アボガド

アボガドは大変栄養価の高い食べ物として有名ですが、犬にとっては危険な食べ物のひとつです。

アボガドに含まれる「ペルジン」という物質は犬の胃腸にはいると、中毒を起こす危険な物質だからです。

しかしながらアボガドにはいろいろな品種があります。
このアボガドはカリフォルニア産のアボガドを使用しており犬が中毒を起こすペルジンが少ない品種とのことで、その栄養価の高さから使用しているとのことです。

しかしながら品種は違えど犬にとって中毒症状を引き起こす物質が少なからず入っている事、また少しの量でも下痢や嘔吐などの症状が出るワンコもいます。

ビートパルプが含まれている

ドッグフードの原材料を見ると大体入っているこのビートパルプ。
よく分からない、とスルーしてませんか?

実は犬にとって長く食べ続けると危険な原材料の1つです。

これは犬のうんちを固める(=良いウンチ出ますよアピール)目的です。

ビートパルプとは
サトウダイコン(甜菜)から砂糖を抽出した後に残ったカスのことです。
なぜビートパルプが危険なのか?

砂糖を抽出する方法として硫酸系の薬剤が使用されており、その残留が危惧されるからです。

また本来の愛犬のウンチの調子がわかりにくくなるという問題点もあります。

ビートパルプについて詳しくはこちら↓

犬は人ほど塩分を必要としません。

人間は全身で汗をかきます。
しかし犬は全身で汗をかきません。唯一足の裏の肉球パットから汗をかく程度です。

つまり犬は人ほど汗を大量にかかないため、汗と一緒に流れてでしまう塩分が少なく、さほど多くの塩分摂取は必要としません。
もともと獲物の体液を舐める程度で十分な塩分補給をしてきた動物なのです。

原材料に含まれている塩分以外にも、わざわざ塩分を添加しているフードを食べることで過剰摂取となります。

これは「食いつき」をよくするために添加されている「塩」ですので、良質な肉を使用したフードであれば本来必要のないものです。

また塩分を摂りすぎると人間同様、高血圧や心臓病のリスクが高くなりますので特に小型犬には注意が必要です。

栄養成分

粗たん白 26.0%以上、粗脂肪 16.0%以上、粗繊維 6.0%以下、水分 10.0%以下、粗灰分 8.0%以下
代謝エネルギー 357kcal/100g

お肉が一番目に来ていますので、タンパク質26%と比較的高い数値です。

価格は?

2.4kg=4,510円(税抜)
1kg当たり⇒1,879円

楽天やアマゾンなどは安く売られていますが、
並行輸入品の可能性もあります。

並行輸入品の場合、輸送方法や保管方法などが劣悪な環境の場合が多くフードの開封前でも酸化しはじめている可能性もありますので
あまりにも安い価格のフードは避けてください。

粒の大きさは?

小粒タイプとのことですが・・・結構大きいです。

abo

そして高さもあります。

abo2

アボ・ダーム リボルビング メニュー を採点評価

判定項目※ 判定 判定内容
高タンパク
原材料にタンパク質源である「肉」が1番目に表記されているか
第一主原料(最も多く使用している原料)にターキーと使用
肉副産物不使用
人間でも食べられる品質か(副産物✕/肉粉✕)
× 二番目に肉粉【ターキーミール】がきています。粗悪な肉や、肉以外の部分が含まれている可能性があります。また高音調理のため栄養価が崩れやすくなります。
穀物不使用
低炭水化物/低アレルゲンか
穀物は一切不使用のグレインフリーです。
無添加
有害な人工添加物が含まれていないか
不使用
価格
続けていける価格か
2.4kg=4,510円(税抜)とグレインフリーフードの中では比較的リーズナブル。
採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
7/10点中 グレインフリーで高タンパク低炭水化物と肉食動物である犬にとって理想的なバランスといえますが気になる原材料があるためマイナスです。

ドッグフード選びに大切な5つのポイントを判定項目にしています

↓↓↓

さらに、上の5項目に加えて気になる点をチェックします。
気になる点があれば減点方式として判定します。

↓↓↓

さらに気になる点をチェック(減点方式)
判定項目※ 判定 判定内容
不安な原材料はないか ×(-1点) ・アボガド
・ビートパルプ
・塩
その他 ×(-1点) 小粒とあるものの結構粒が大きい
最終採点
◎=2,◯=1,△=0,✕=-1
5/10点中 グレインフリーでお肉メインの高タンパクフードで、一見良いフードに見えますがミールやアボガド、塩、ビートパルプなど気になる原材料があります。同じくらいの価格帯で、もっと安心度の高いフードやサポート成分(関節など)が充実したフードもありますので、あまりおすすめはできません。

おすすめ度は星3つ!

star3

アボ・ダーム リボルビング メニュー の口コミ・評判は?

  • 2頭とも完食です。1頭は時々食べませーんと言う時がありますが、今のところそれもないです。
  • うちのラブラドールのアレルギー発覚から食べさせられるフードを探していたらアボダームのリボルビングに辿り着きました。
    アレルギーは牛・鶏・米・鱈・大豆です。市販のアレルゲン対応フードは鱈と米の使用がほとんどでうちの犬は食べると発疹が出てしまいます。
    ターキーの他にダック・トラウトを順番に給餌しており、今の所食事での発疹は見られません。
  • リボルディングは飽きがこないのか、喰い付きもよく、皮膚の状態も好いです。
  • 食物アレルギーのうちのワンコ、こちらのフードで回転食にしてから、調子がいいです。
  • アレルギーの多くて食べられない物が入っていない
    こちらの商品を購入しました。食いつきはあまりよくないので
    ローテーションの一つにします。
  • 米、玄米、おおむぎ、ラム、豚、等、アレルギーがあったので、アボダームにしました。よくあるドッグフード特有の、油ぽさや、臭いもなく良かったです。軟便もおさまり、散歩がより楽しくなりました。

穀物不使用の低アレルゲンフードとして売り出していますのでアレルギーに悩むワンコからの良い口コミも多いですね!

またリボルビング(回転食)ということでこのグレインフリーシリーズは3つの味があります。
(ターキー/ダック/トラウト)

アレルギーを回避するためにタンパク質源をぐるぐる変えながら与えておられる方も多いようです。

ただこのような意見も・・・

  • 3匹とも全く食べてくれません。一番食いつきのいい犬も口から吐き出しました
  • うちのわんこは全く食いつかず、ウエットフードを混ぜるとこれだけスイカの種を出すように口から出して残します
    色々トッピングも替えましたが、これほど口にしないのは初めてなので、きっとこちらのフードは口に合わないのかも知れません。
    お友達のくいしんぼうの柴犬の子にもあげてみましたが、やっぱり食べませんでした。
    アボカドは皮膚に良いと聞いたので購入したのですが食べてくれないので、もったいないのでお友達のフレブルわんこにあげました。残念。
  • リボルビングの3種は小粒と書いてあるのですが、オリジナルに比べると丸くて大きいようで、小粒というより中粒の気がします。ビニールに入れて砕いてあげようかと思いましたが、硬くてうまく割れませんでした。粒の大きさにこだわる我が家の子にはリボルビングはお気に召しませんでした。
  • お試しに購入しましたが、原材料の中にが入っていたため今回限りにしました。
  • においはいいのですがウンコがやたらと多くなりましたのでNGです
  • いつもと変わらず良い喰いつきですが、ウンチの量が、なんとっ これまでの2倍にっ(@_@;)

気になる口コミも多いです。

その中でも目立ったのが、吐き出してしまうほど食べないケース

はっきりした理由はわかりませんが、もしかしたら少量のアボガドでも中毒症状を起こしてしまうワンコがいるのかもしれません。

また原材料の中に塩が入っている点も挙げられている方もいますね。

うんちが増えたというのも気になります。
本来穀物不使用の良質なフードに切り替えた場合、ウンチの量は減ります。=消化率が高いということです。

アボダームは穀物不使用でありながら、ウンチの量が増えたというのはもしかしたらミールが多く含まれているため消化率があまり高くないのかもしれません。

アボ・ダーム リボルビング メニュー分析まとめ

分析まとめ

  • 〇穀物不使用で高タンパク低炭水化物と肉食の祖先を持つ犬にとって栄養バランスは良い
  • 〇 3の味がある(ターキー・ダック・トラウト)= ローテーションにおすすめ

  • △肉粉(ミール)が含まれている=高音調理で栄養価が崩れている可能性あり
  • △犬にとって危険なアボガドが含まれている(このフードに使用されているアボガドには中毒症状を起こす ペルジン が少ない品種が使用されているものの、少ない量でも下痢や嘔吐などの症状がでるワンコもいる
  • △ 粒が思った以上に大きい
  • △ 関節サポート成分(グルコサミン・コンドロイチン)が配合されていてほしかった

  • ×犬にとって危険なビートパルプが含まれている=残留薬剤の危険性
  • × 犬にとって不要な「塩」が添加されている=高血圧、心臓病のリスク

原材料や栄養バランスはパッと見ると理想的なのですが、アボガドの安全性が不確実である点とビートパルプ、ミール、塩といった気になる原材料があります。
また 「小粒」と書いていますが 粒が結構大きいので超小型犬のワンコには注意が必要です。

同じくらいの価格であれば、原材料に対してもっと安心度の高い良質なフードは他にたくさんあります。
無添加グレインフリーのおすすめランキングはこちら↓

ドッグフード おすすめ 無添加 安心 安全 ランキング 口コミ レビュー 評判 アレルギー 涙やけ

【あわせて読みたい】
当サイトではドッグヘルスアドバイザーが、巷にあふれる50種類以上のドッグフードを格付けで一覧にしております。
原材料や価格などの同じ基準で評価することで、良いか悪いかが一目でわかる一覧表です。↓愛犬の食事選びのご参考にしてください↓

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)

最新記事 by だいず(ドッグヘルスアドバイザー) (全て見る)