ドッグフードの塩分は危険!腎臓病や心臓病に繋がるリスクも!|安全なフードの選び方

ドッグフード 塩分 危険 心臓病 腎臓病犬にとって必要な栄養素であるミネラルの中に塩分(ナトリウム)があります。

このナトリウムはカリウムや塩素などと「電解質」と呼ばれ体の細胞の浸透圧を調整したりととても重要な役割を果たしています。

しかしながらこの塩分(ナトリウム)を取りすぎると腎臓疾患や心臓疾患など怖い病気のリスクが高まるのです。
特にチワワやマルチーズなどの小型犬は心臓病にかかりやすい犬種と言われていますので注意が必要です。

ではどのように注意すべきでしょうか?

原材料に食塩をわざわざ添加しているフードは避ける

ドッグフードの原材料をチェックしてみましょう。

そこに「食塩」「塩」「海塩」「自然塩」「塩化ナトリウム」などと書かれているものは避けましょう。

最近「マリンソルト」など一見スルーしてしまいそうな表記もありますので注意です。結局は同じ塩です。

冒頭で犬にとっても塩分は大切な栄養素であると書きましたが、注意すべきは塩分必要量です。

人間は全身で汗をかきます。
しかし犬は全身で汗をかきません。唯一足の裏の肉球パットから汗をかきます。

つまり犬は人ほど汗を大量にかかないため、汗と一緒に流れてでしまう塩分が少なく、さほど多くの塩分摂取は必要としません。
もともと獲物の体液を舐める程度で十分な塩分補給をしてきた動物なのです。

ですので原材料に含まれている塩分以外にも、わざわざ塩分を添加しているフードを食べることで過剰摂取となります。

塩分の過剰摂取で腎臓に負担

体内の塩分濃度が高くなり、濃度を薄めようと(喉が乾き)大量の水を飲みます。

余分な水分は腎臓に運ばれて尿として排出されます(おしっこ)

この塩分を多く摂り、水を飲み、大量のおしっこを繰り返すことで腎臓に負担がかかります。

心臓病も引き起こす恐れが

犬の心臓疾患は80%が後天的なものと言われています。
僧帽弁閉鎖不全(心臓肥大)やフィラリアが主なものです。

僧帽弁閉鎖不全(心臓肥大)とは
呼吸困難や胸水が溜まり呼吸を不全のため死を招くことも多い病気。なりやすい犬種としてチワワ、マルチーズ、ヨークシャーテリア、シーズー、トイプードル、ポメラニアン、キャバリア、パピヨンなどの小型犬です。

塩分の過剰摂取と心臓疾患の流れを説明します。

体内の塩分濃度が高くなり、濃度を薄めようと(喉が乾き)大量の水を飲みます。

体内の水分が増えるということは血液の量も増える状況になりポンプ機能としての心臓への負担が増えます

高血圧の状態

この心臓への負担増が心臓病へのリスクを高めます。

どうしてドッグフードに塩分が添加されているのか

このように犬にとって過剰摂取は良くないはずの塩分。

ではどうして多くのドッグフードに添加されているのでしょうか?
その理由は2つあります。

食いつきを良くするため

人間も同じように、味の濃いものの方が食いつきが良くなります。

飼い主さんへのアピールとしてわざわざ美味しい味付けをしてしまっているのです。

原材料そのものが粗悪すぎるから

市販のフードでは肉のカスやとうもろこしのカスなど
人間では食べられない「カス」のオンパレードです。

そのような粗悪な原材料をかき集めて製造しているフードには原材料そのものに栄養価がない場合もあるため
わざわざ添加しているメーカーもあります。

まとめ〜フード選びのポイント〜

愛犬の関節を守る方法

このドッグフードの塩分量は?

気になりますが、ドッグフードの栄養成分には「ナトリウム」の表記はありません。

塩分は必須ではないため、ほとんどのメーカーは不表記です。
(一部良質なフードメーカーは全て公開しています)

そのため実質の塩分量を調べる術はメーカーに直接確認するしかありません。
ただメーカーから正確な返答があるかどうかも怪しいです。

ですので↓↓

こんなフードを選びましょう

  • 原材料に「塩」が添加されていないものを選びましょう
    (「食塩」「塩」「海塩」「自然塩」「塩化ナトリウム」など)
  • 小麦のカスや肉副産物を使用しているフードを避けましょう

小麦のカスや肉副産物を使用していない良質な原材料のドッグフードであれば、
味付けのために「塩」は添加されていません。

またそのような良質な素材であれば原材料の中から塩分を摂取できます。

良質なドッグフードについて、別の記事でランキング形式でご紹介していますので
参考にしてください↓

ドッグフード おすすめ 無添加 安心 安全 ランキング 口コミ レビュー 評判 アレルギー 涙やけ

The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。