犬の食事アレルギーの症状と対策は?|ドッグヘルスアドバイザーが分かりやすく解説します

犬がひどく痒がったり嘔吐を繰り返したり・・・心配しますよね。
実は、症状の度合いは違えど多くの犬が一番悩まされている症状なのです。

犬の食物アレルギーについて

犬の食物アレルギーとは
アレルゲン(アレルギーを引き起こす原因)に対して体内の免疫機能が過剰に反応して激しくかゆみを伴う皮膚炎や下痢嘔吐を繰り返すなど様々な症状を引き起こすこと。主な原因は食べ物に含まれるタンパク質と考えられています

しかし痒がる原因については食事性アレルギーの他に周囲環境によるものや遺伝によるものもあります。

are03

食物アレルギー独特の症状があれば食生活のアレルゲンを疑います

食物アレルギー独特の症状

こんな症状があれば食物アレルギーかも!

  • 症状がでる前にドッグフードやおやつを変えた
  • 激しく体を痒がって発疹や脱毛の症状がある場合
  • 皮膚炎の薬剤(抗ヒスタミン剤やステロイド剤)が効かない場合
  • 原因不明の下痢や嘔吐が続く場合
  • 外耳炎を繰り返す場合
  • 前肢をなめて指の間が赤くなっている場合
  • 季節関係なく発症する場合

食物アレルギーの対策は?

愛犬のアレルゲンとなっている食べ物が特定できればそれを除いた食生活にすることで改善が見込まれますが、上記のようなアレルギーを起こしやすい食べ物以外にもアレルゲンとなるものは様々で特定することは決して簡単ではありません。

ドッグフードのタンパク質源となっている原材料を変えながら様子を見る!

タンパク質源とは穀物(小麦・とうもろこし)やお肉などです。

症状がひどければ動物病院へ

ひどく痒がって皮膚がただれたり、嘔吐を繰り返すような重症の場合は動物病院で診てもらいましょう。

血液検査は当てにならない

動物病院で人間のように血液を採って血液検査(「IgE抗体の検査」費用:1万円〜2万円程度)でアレルゲンを調べる方法がありますが、正直アレルゲン特定の正確性は乏しくアレルギーがない食材にも「アレルギー有り」などという結果になることもありますのであくまで参考程度です。

動物病院での具体的な対処方法

かかりつけの獣医さんと相談しながら「疑わしいものを徐々に排除していく」ことです。主食となるドッグフードは1銘柄に絞りそれ以外を与えないようにします(勿論おやつも)。水分もいつもの真水のみにし牛乳なども禁止します。様子を見て症状が出なければ、再度以前のドッグフードに戻して症状がでるかどうかを確認します(これで出れば以前のドッグフードが原因と推測されます)。非常にアレルゲンの特定は長い時間と費用がかかります。

私の愛犬の場合はお腹に赤い湿疹ができて、先生に聞いてもアレルギーかなーくらいの診断で特になにも治療はされませんでした。でも痒がる姿は辛いですよね?自分たちでできることは毎日食べているドッグフードをまず変えてみることだと思います。

犬のアレルギー対策のドッグフードを選ぶ注意点

何のアレルギーか特定できればそれを与えなければ済みますが、大体の場合はわかりません。

それまでに食べていたドッグフードのタンパク質源と違うものを選ぶことが大切です。

その際、消化性の高い良質のタンパク質を選ぶようにしましょう。

なぜ消化性の良いものがいいの?

消化がよければすぐに分解され分子が小さくなり、免疫系の細胞が「敵がきた!!」と反応しにくくなるとされています。またアレルギーで下痢などの消化器官が弱っているケースが多いので消化が良いに越したことはありません◎
また安価なドッグフードには肉副産物という肉以外(骨や毛皮や糞尿)の部分や人間用の食肉として不合格になった4Dといわれる肉が混じっており可能性があります。こういった粗悪なドッグフードは消化が悪い為避けましょう

犬のアレルギーにおすすめのドッグフード

  • 今まで食べていたドッグフードが穀物メインだった
    →穀物不使用のドッグフードがおすすめ(私の愛犬はこれでした)
  • 今まで食べていたドッグフードのお肉が牛肉、チキン肉だった
    →ラム肉のドッグフードがおすすめ
  • すべての肉が駄目だった
    →魚がメインのドッグフードがおすすめ
肉食動物である犬にとって穀物(とうもろこしや小麦)はアレルギーを引き起こしやすいと言われています。ですがお肉より安いタンパク質源のため多くのフードで利用されているのが現実です。私の愛犬の場合は穀物メインのフードから穀物不使用のお肉中心のフードに切り替えたことで痒みと湿疹が治まりました◎
The following two tabs change content below.
だいず(ドッグヘルスアドバイザー)
愛犬の涙やけやアレルギー症状に悩み、ドッグフードに問題があるのでは?と犬の栄養学や原材料について猛勉強。そしてドッグヘルスアドバイザーの認定試験に合格しました。 今は無添加のドッグフードに切り替えて、元気いっぱいになった愛犬と1日1日大切に暮らしています。